撮影とムスリムと新潟

この日は撮影。ずっと撮影。

マスター講座、ずっと実講座の録画、それも1年前の大阪の講座を見てもらってました。8時間×4日分。そりゃしんどい!ということでダイジェスト版を録画した。

何度もやってる録画だけど毎回手探りでトライアンドエラーで時間をくってしまう。今回も2時間ぐらいセッティングやマイクやプレゼンテーションで時間をくってしまった。

内容は40回ぐらい喋ってる、もう余裕、と思いきや1年振りでうまく話せないこともあって、意外と手間取った。

でも良いコンテンツ、だと事務局鈴木さんは言う。良ければいいのだが。

Continue reading 撮影とムスリムと新潟

ブログはマラソン

やっとおちついた。

書くことについて伝えたい。

僕は2010年に「ウェブ解析士入門」という本を書いた。それはブログのおかげだ。もしあなたが本を書こうと思うなら、必ずブログを書くべきだ。

ここで言いたいことは、本を書く能力。誰もが見られる環境で文章をつくりあげることは大事で、体力としては持続力に近くて、継続してある程度の文字数書けて、それにストレスを感じない経験を積み重ねてないと、無理だということだ。

Continue reading ブログはマラソン

こっちゃん、いばナビでヤンキーピラフにチャレンジする(後半)

この記事のつづきです

さて、いばナビを調べて、みなと観光ホテルに決めたあとの話です。

公園から旅館に向かうと、街並みが私の地元、小名浜にすごい似ています。デジャヴというか、パラレルワールドの地元を見てる気分でした。道幅もなちなみも一緒なのに並んでる建物が違う。ほとんど名物も小名浜とかぶるので来たことなかったけど、この異空間はこの機会なければ味わえなかったかも。

みなと観光ホテル
みなと観光ホテル

Continue reading こっちゃん、いばナビでヤンキーピラフにチャレンジする(後半)

こっちゃん、いばナビで、ひたちで自転車練習する旅(前半)

ウェブ解析士で法人会員になってくださってる日宣メディックスさんが運営する茨城県情報ポータルサイト「いばナビ」を使って茨城県を旅行することにしました。

いばナビ
いばナビ

私は隣の県が出身地なのに「いばらぎ」と発音してしまうぐらい知らない。どこか行こうと妻に相談したら海浜公園いいらしいという話になり、海浜公園にいくことにしました。

Continue reading こっちゃん、いばナビで、ひたちで自転車練習する旅(前半)

Googleアナリティクスをビジネスで役立てたい初心者向けチュートリアルマンガ -わかばちゃんと学ぶGoogleアナリティクス

初心者向けGA本なのにビジネス視点

わたしがこの本薦めるのは、この書籍が「事業の成果」に焦点をあわせていることだ。 Continue reading Googleアナリティクスをビジネスで役立てたい初心者向けチュートリアルマンガ -わかばちゃんと学ぶGoogleアナリティクス

なぜ仕事を早く大量にできなければいけないのか

もう一つ岡田さんのこの本について感じたことがある。

この本を読んでいて、「凡人が、天才を殺すことがある理由。ーどう社会から「天才」を守るか?」エッセイを思い出していた。

天才はぶっ飛んでて、一般から見たら無駄にしか見えない。反発が多いことがKPIになる。秀才は嫉妬するから無視する。そして天才は孤立する、という構図だ。天才は認められずに葬り去られてしまう。この中で打開できる人たちの例が秀逸だった。「病める天才」「エリートサラリーマン」「最強の実行者」。その中で、「最強の実行者」がこの本のテーマに重なると思う。この本は一般人が最強の実行者になるための本だと感じた。

このブログに以下のような記述がある

Continue reading なぜ仕事を早く大量にできなければいけないのか

すべての仕事を3分で終わらせるよう頑張ってみた

今日帰国しました。この数日間、シンガポールで一人チャレンジしてたことがありました。仕事を3分で終わらせてみようというチャレンジです。

3分で仕事を区切ってみた

ネタ元はリーゼントサラリーマンこと、岡田兵吾さんの書籍「すべての仕事を3分で終らせる」をいただいたのがキッカケ。ダイアモンドオンラインに掲載していたエッセイでも評価の高かった彼の意外にも初の書籍。

この本は、自分がこれから何しようか考えている自分探し中な人のための本ではないし、日々の仕事は部下に任せ、自分はじっくり考える時間がある人のための本でもない。

この本はとにかく時間がなく、高いアウトプットを求められている人のための本だ。岡田さんがいかに過酷な状況で今の立場を作ってきたか良くわかる。私もいまだ限られた時間で多くのアウトプットを求められている立場だ。

しかし正直、3分で仕事を終わらせられるのだろうか?短すぎて考える間もなく終わってしまうのではないだろうか?あるいは3分を意識しすぎて
「あーまたアラームなってる!」
となってしまうのではないか?
などあるので試してみることにした。

Continue reading すべての仕事を3分で終わらせるよう頑張ってみた