解析新書 Table Anatomy

最近Googleの進化は止まってないかな?

マシーンラーニングは自己進化で低コストなのに使い勝手がよくなる。いや、便利を通りこしてパラダイム・シフトを起こしていて、Google翻訳はタダでブラウザで使えるくせに、いままでの翻訳ソフトよりずっと高性能だ。

ソフトウェアをインストールして、高いお金払って翻訳ソフトを買わなければいけなかったし、その翻訳もそのままでは読めたものではなかった。

そんなプロのサービスがひっくり返る時代になった。

もうオフィスもAIもお金を払わなくても使える時代。そんな時代が私が生きてる間に来るとは思ってなかった。

でも、Googleさん、最近の進化止まってませんか?

進化し続けるのは広告

まず例外を言うと広告で、AIによる最適化は、多分人間を超えている。
Dynamic Search As (DSA) は3年ぐらい前はだめだった

「まあ、すごいなーと思うけど、そんな成果上がらないし新しいワードや広告文のヒントに使おーね」

と言ってたのである。それが今や人間の入札公告よりたいていCPAは良くなる。
ただ予算消化はしないらしいけどね。

いまだキーワード入札でしかリスティングしてない人、代理店なり担当者に言ったほうがいいよ。

他のGoogleのサービスって便利になってる?

じゃほかはどうだろう?検索エンジン。もうDuckDuckGoと比べて、そこまですごいとは思えない。

翻訳、褒め称えたけど、最近のDeepLはいいよね。自然で。ちょっと意訳がすぎるときもあるけど。

Gmail最近進化してる?こんなメールって使いにくいやばいやばいと言ってるのに、機能変わってないと思う。

DocsとかGoogleのオフィスツールも。進化はしてるよ。でもさ、もうスタンドアローンのアンドロイドタブレットでサクサク使えるSpreadSheetあってもいいでしょ?まだブラウザベースで、相当タブレットやスマホであれ使いにくいよね?

これらGoogleのサービスは便利は便利だし、とても感謝しているけど、それって2010年ごろからそーんなに変わってない気がするんだよ。

本気だしたら、もう色々できるよね?競合で殆ど変わらないor優れたサービスを提供している会社のほうが技術力も資本力も全然少ないのに負けている。

翻訳なんて素晴らしいコミュニティも持ってて、翻訳者の仕事無くすぐらいの専用アンドロイド端末すぐつくれるでしょ?

オフィスに変わるスタンドアローンソフトをつくって、お得意の広告を見たら使えるなんてカンタンにできるでしょ?

Mapだってもうカーナビになってドローンもそれで動くなんてカンタンでしょ?

それが止まってる気がする。競合がいないからなのかな?

独禁法が原因かもしれないけど、Googleにはもっと世界を変えること期待しています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください