解析新書 Table Anatomy

これからのウェブ解析Matomo

GAFAと呼ばれる大手企業に対して、現代の日本人は個人情報の利用に麻痺しています。彼らは個人の行動履歴や個人の属性やコミュニケーション履歴をもとに、これらの企業は広告やら商品のオススメなどを表示しているのです。広告主からはこのような個人情報に基づいた絞り込みや狙い撃ちのシステムを提供し、広告収益を得ているのです。

国民も段々と、その怖さに気付きはじめてます。内定辞退の予測をしたり、参加もしていないユーザーの数字を捏造したり、その行き過ぎた利用は国内でも問題視されているのはご存知のとおりです。

2020年は日本も個人情報の取扱いについてセンシティブになる時代です。Cookieも規制もますます厳しくなってきています。

あなたは以下の対応を求められる危険にさらされています。

  • ユーザーから自分のCookieや行動履歴を消すよう要求されたら、対応できますか?
  • ユーザーの情報を聞き、そのログを取り出し、そのデータを消すことはできますか?
  • あなたはそのログをどこで何に利用されるか説明できますか?

今はこのような個人情報と企業の秘密情報を無料で差し出すことによって、無料でウェブ解析ツールをつかうことが当たり前になっています。行き過ぎた個人情報の利用は、企業とベンダーとの関係です。ユーザーはそこに従う必要がありません。だからユーザーはNoを突きつけているのが「今」だと言えるでしょう。

しかしこれからのマーケティングにおいて、ウェブ解析の重要性は増すばかりです。多様化し高度化したユーザーに対して、ユーザーに合わせた最適なマーケティングを提供できない企業は、これから生き残ることはできないでしょう。

もちろん個人情報を第三者に提供せず(クローズドな)、マーケティングに活用できるソリューションはあります。しかしそれらはグローバル企業向けで大変高価なものがほとんどです。小規模な自治体の手に届くものではありませんでした。

そこでMatomoの登場です。オープンソースで、無料でも使えます。またヒートマップなどの機能も追加で数百ドルのプラグインを購入すれば使えるのです。技術的に難しい人にもクラウド版であればすべて機能が使えても低価格で利用できます。

オープンソースだから機能が低いと先入観があるかもしれませんが、いまやGoogleアナリティクスと、ほとんどの機能で同じかVideo Analyticsなど、ものによってはGoogleアナリティクス以上の機能を備えています。

私たちがウェブ解析を利用する本来の目的はユーザーにしつこい広告を出すためでも、ユーザーが不快に思うような個人情報の行き過ぎた利用ではありません。ユーザーを正しく理解し、どうすればよりよい経験を提供できるか考えるためです。そのためにはまずユーザーが安心してウェブサイトを利用できるためのウェブ解析をしましょう。本人が望めば、そのとおりに個人の情報をあつかえる普通のウェブサイトになりましょう。

一つでも多くのウェブサイトが、世界中のユーザーから怖がられないウェブサイトになるためMatomoの利用をおすすめします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ