H5Pのコンテンツサンプルのせてくその2

そもそもH5Pのつくったソースをいれるなら、WorpdPressにプラグインが必要だった。

H5Pナンジャラホイ?という感じだが、ようするにインタラクティブな動きをする画像とJavascriptをまとめたファイルらしい。このファイルをアップロード・ダウンロードすることでいろんな動きをウェブサイトにつけることができてMoodleとかCanvasだとそこでやったクイズとか活動を採点したり完了条件につけられたりするってことだ。

コラージュ

これはWordpressでいいかな

Column

ぼくはこれいいとおもった。画像、文章クイズを入れられる。

Dialog Cards

ほんとできるのかな?どうもH5Pで発音聞けるカード作れるらしい。
Moodleでつくるとファイルがアップロードできん勝ったので、WPでつくってみる

ホントはこんな漢字になるようだ。

Dictation

録音した音声を書き写して正解率しらべられるようだ。まじか。

Documentation tool

これやばい。助成金申請とかに使えそう

Drag & Drop

Drag & Drop Word

これはMoodleの試験とかでよく見かける感じのタイプだね

Essay

文章を書かせるのだが文字数制限があったり、特定のワードがあったらフィードバック返したりできるらしい

Fill in the blank

穴埋め問題だね

Find Multiple Hotspots

クリックすると、チェック付く感じですね

Find Words

受講生にあきられないようにこういう問題もいいかも。

Flash Card

これも記憶確認問題にはつかえそう

Guess the Answer

これは質問に

回答をクリックしたら見せる感じね

投稿日:
カテゴリー: thinking

作成者: ejtter

Born in Fukushima, working as web analytics consultant since 2000.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください