2018年はコンテンツ、特に動画の表現力を高める年にする

2018年あけましておめでとうございます。

今年は東京の自宅で家族と年を越しました。

昨日はspelldataの竹洞さんからいただいた山上蒲鉾店のかまぼこ、年明けまで我慢できずたべてしまいました。白グチのかまぼこは歯ごたえしっかり、大人の味です。竹洞さんありがとうございます。

去年もいただいて、せっかくなので3社ぐらい買って食べ比べしたのですが、その当時はそれぞれ個性があって評価できなかったのですが、1年経ってもう一度食べると、一番おいしかったのはこのかまぼこだな、と思います。子供もよく食べて2板が一瞬でなくなってしまいました。

2017年は激動の年でした。

思えば2016年に事務局業務を社団法人で自立して運営することとなり、前半は事務局の業務改善に追われました。

2月にオリジナルシステム導入、サイトリニューアルをすすめました。去年から事務局に加わった上野さんを中心とした事務局の職員とプログラミングファーストさんやソルブエージェンシーさんの協力で、いまや事務局業務は大幅に効率化ができました。主催者やウェブ解析士マスターの皆様も講座申請や受講者管理をシステム上に置くことができたため講座開催などが容易になったと思います(当初は色々ご迷惑とご面倒をおかけしてしまったのですが)。

後半は海外展開に一気に舵を切った年でした。月半分を海外で過ごし、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシアで講座に同席したり、カンボジアのカンファレンスに参加することもできました。

2017年はシンガポールのGoogleやInterpolでセミナーに登壇したり、NUS(シンガポール国立大学)で講座を開催しました。アジアにおけるブランディングという意味で大きく躍進した年になったと思います。

今日、久しぶりに元旦に英語勉強しようとオンライン英会話でセブ島の先生と話したらプログラマーだったのですが、彼女はWACAという名前を知っていました。ちょっと驚きです。正月から嬉しくなってしまいました。

そして2017年は私個人としては英語でのプレゼンテーションを行った初めての年となりました。MikeもDavidも意識的に私をあちこちにつれていき、Founderからのプレゼンテーションとして数回プレゼンの機会も作ってくれました。8回ぐらい色々話したと思います。私にとって人生の転換期になった年だと思います。私は自分の力で英語で自分のなしとげたいことを伝えられるようになりつつあります。

2018年、私が頑張ろうと思っていることはコンテンツのアウトプットです。ブログの作成や更新も行いますが、最も頑張りたいことの一つが動画です。

2019年のカリキュラムを現在考えていて、大幅に変えようと考えています。いままでのオウンドメディア、アクセス解析を主体としたウェブ解析から、ソーシャル・メディアなどのオウンドメディア以外のウェブデータの解析を視野にいれた内容にしようと考えています。

そのとき、ウェブ解析士のテキスト、ハンズオンの講座はもはや限界が来ています。5時間の講座と紙のテキストでは範囲が広すぎる、でも講座をこれ以上伸ばすのも、テキストを増やすのも現実的ではありません。一方で受講生の合格率も下がってきており、その一因は講座範囲が広がっていることにあるはずです。

そこで来年は本気で動画による講座をつくるつもりです。今までのハンズオン講座の動画版ではなく、テキストの理解を深めより実践的な内容を動画でまなべるようにする、そのためのチャレンジを2018年実践しようと思います。

2018年の最初の食事はしいたけ出汁の効いた、山形風のお雑煮でした。お昼前に外出し、産土神社で初詣をしてきました。なんてことない正月ではありますが、実はこんな正月はめったになく、心から楽しんでいます。

今年はネットワーキングや登壇を減らしコンテンツ開発とアウトプットに時間をつかうべき年だと思っています。今までのやり方や学んだことを捨てる年でもあります。

2018年もよろしくお願いしますm(_ _)m

Published by

ejtter

Born in Fukushima, working as web analytics consultant since 2000.

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.