なぜ仕事を早く大量にできなければいけないのか

Goumbik / Pixabay

もう一つ岡田さんのこの本について感じたことがある。

この本を読んでいて、「凡人が、天才を殺すことがある理由。ーどう社会から「天才」を守るか?」エッセイを思い出していた。

天才はぶっ飛んでて、一般から見たら無駄にしか見えない。反発が多いことがKPIになる。秀才は嫉妬するから無視する。そして天才は孤立する、という構図だ。天才は認められずに葬り去られてしまう。この中で打開できる人たちの例が秀逸だった。「病める天才」「エリートサラリーマン」「最強の実行者」。その中で、「最強の実行者」がこの本のテーマに重なると思う。この本は一般人が最強の実行者になるための本だと感じた。

このブログに以下のような記述がある

投稿日:
カテゴリー: 未分類