テーマパークって観客主体になるべきだよね

勝手にキャラクターが前提のテーマパークをキャラクターテーマパークと名付けると、キャラクターテーマパークってもう終わるんじゃないだろうか。
ねずみとかネコのキャラクターが可愛いというのはいいと思うのだが、そのキャラクターが踊ったり、活躍したり、一緒に冒険する、みたいな遊園地に、いつまで大人は盛り上がれるのだろうか。

ほんと、本人の勝手なのだけどね。

Continue reading “テーマパークって観客主体になるべきだよね”

遅い組織の反動で組織を早く回すようになる

実はトップになってる組織が結構あって、実は5社ぐらい代表取締役とか代表理事とかやっている。あ、羊齧協会とかは別にかぞえてね。

そしてそれぞれの組織でトップによる会議に参加するのだけど、スピードも性質も全然違う。
いくつかは私だけが代表ではないため、とてもスピードが遅い。
地方だから流れる時間のスピードも違うからかもしれない。社内の売上受注に関する報告資料を変えるに5年ぐらいかかった。
さらに当たり前に近い、常識的な判断でも衝突するのでストレスも溜まる。今日も決まりかけた財務的な判断をよくわかっていないのにひっくり返され、相当イライラした(笑)

やめようかなーと何度も思った。しかし自分の生き方として放り出したら自分らしくないから、続けている。でも正直どこまで続くか分からないけどね。

ただ思う、もしこの停滞し、衝突する地方の会社がなかったら、私だけがトップの組織をここまでドラスティックに変にしてかったかもしれない。

SBTを離れ、事務局を環から分離したときからずっと、営利目的ではない組織なのだから、自分が働きたいと思う職場にしたいと思った。
会社によるけど、一般的に株式会社は膨張、拡大指向の宿命があるが、特に一般社団法人はそういう組織ではないから、極力小さく、柔軟で、自由な組織にしようと思った。

その結果、必然的に変わり続けること、試すことを続ける組織を続けている。多分、私の会社では周囲が想像している以上に劇的に、柔軟に組織ややり方を変え続けている。マニュアル創っているうちに変わるぐらいの変化を起こしている。

そして基本卒業する組織であろうと思っている。長く働いてもらうことがだめじゃないのだが、変わり続ける組織と変わり続ける人に対し、従業員という関係がずっと続くほうが不自然ではないかと思っている。柔軟に関わり方が変わる組織でありたい。

それがうまくいくかどうかなんて分からない。うまく行くか分からないことは、それがうまく行ったら皆幸せになるなら、試して、だめだったやらないというスタンスだ。

でももし地方の会社が柔軟にうごくようだったら、そこまで柔軟な組織にしなかったんじゃないかなーと思う。地方の会社を動かすのにエネルギーがいるはずだ、と思ってるからこそ、こっちを柔らかくする、というような反動ってあるね。

あるべき方向に自動的に人々が動くようにする

今後のウェブ解析士の制度とシステムについてミーティング。どのような制度にすると将来的な成長と可能性をつくれるかを考え抜く時間だった。最終的には当然理事会などで決まることだが制度設計はしなければ理事会で結論はでない。

制度や仕組みはシンプルな方がいい。そして、あるべき方向に自動的に人々が動くようにすること。そしてその仕組に矛盾や無駄な労力をかけることがあってはだめで、あらゆる可能性を考え、取捨選択をしていった。

Continue reading “あるべき方向に自動的に人々が動くようにする”

ejileで進めてることを記録しよう

仕事をしていくうえでは、段取りやプランがとても大事だ。担当者や設備に無理をさせないようにすることがプロジェクトを成功につなげる。逆に言えば、段取りやプランが悪かったり、なければ、そのプロジェクトは成功しない。

というのが、大人として尊敬される仕事の進め方だ。
でももう時代遅れかもしれないと感じる。

わたしたちが10名にも満たない組織なのに、今海外に行き、英語で展開し、中国も視野に入れつつ、eラーニングからゲームまで視野に入れて、地方企業にもリーチしようとしている。

Continue reading “ejileで進めてることを記録しよう”

客単価と商品単価

またターヘル・アナトミア的なお話を。

ウェブ解析士では目標から逆算する。例えばCVR1%で目標売上百万円なら、セッション何件必要か求める、なんて計算が初歩的な問題だ。

客単価1万円なら、10000件のセッションあれば100万円達成するね。はい御明算、だが。

じゃ英語でなんていうんだ?とというお話。

Continue reading “客単価と商品単価”