増減高低上下の使い分け

テキストの校正が大詰めで今でもまだオフィスでチェックをしている。今回は範囲が広がった分、校正がとても大変。

委員会の皆様、現在校正に関わってる160人の有志の皆様には深い感謝をしている。
今回校正も頑張っているが、日本語表記で私もよく知らなかったこととかもあり勉強になっている。 Continue reading 増減高低上下の使い分け

地方の事業存続のカギは売上から買わったかも

先日地元いわき市の著名な若手経営者のみなさまと会食に同席する機会にめぐまれた。

私みたいな本とんど地元につながりがない者にとって貴重な機会で、今回も平の美味しいお店を紹介していただいた。 Continue reading 地方の事業存続のカギは売上から買わったかも

アナログプレミアムの時代

レゲエが文化遺産になっちゃたよ、と美容師さんと話をしてた

この美容師さんは大学生の頃からお願いしてて、彼は私にThe harder they comeとかRockersのビデオテープを貸してくれたのだ。どちらもレゲエにまつわる映画だ。

当時レゲエはジャマイカでレコードでしか生産されない音楽が大量にあり、それらを追いかけるには7インチレコードを買うしかなかった。大学生にはお金がいくらあっても足りなかった。 Continue reading アナログプレミアムの時代

ラスタファリズムとトレーサビリティ

レゲエが無形文化遺産になったようだ。「よかった」というが何が良かったのか実はわかっていない。

無形文化「遺産」である。もう今は使われないが、無形で文化的なかつて盛り上がった文化であるという意味だと思う。

つまりレゲエはもう死んでるのか。
だから遺産について書いておこうと思う

Continue reading ラスタファリズムとトレーサビリティ

昭和・平成の階級社会

日本では江戸時代士農工商という身分制度があったといわれている。どうも本当はなかったようで、単なる職業分類ですらないであったようだが、今の日本には身分制度があるのかもしれない。大手企業における総合職、一般職、契約社員、派遣社員だ。

Continue reading 昭和・平成の階級社会

2週間悩んだロボット掃除機の選定が5分で決まった

ロボット掃除機を買い換えようとしている。

最初ダスキンのシロを考えていた。型落ちのパナソニックの製品なのだが、試用してて特に不便はないし、ダスキン利用者だから無料で使わせてもらって試用音も静かだし値段もリースで2160円×24回。最新のパナソニック製品より2万円ぐらい安い。これでういのではないか、という話になりかけていた。 Continue reading 2週間悩んだロボット掃除機の選定が5分で決まった

ユーザー理解はゴールではなくスタート

平成の鬼平中坊さんの本をkindleで見つけて読んでる。もっと彼の本は誰でも読めたほうがいいと思う。
どの弁護士も関わったら廃業になるといっていた豊田商事の訴訟を引き受け続けた方だ。 Continue reading ユーザー理解はゴールではなくスタート

堅牢性よりも柔軟性

先日、テキストのまえがきに書こうと思ったことを個人ブログに書いたが、やはり適切ではないと思い、削除した。

書いたことは本心だけど、やはり「言い方」はある。そしてどう否定しても私は代表で民間資格だとしても社団法人の代表理事で意見が影響を及ぼす。

そもそも私の自らを戒めるスタンスが周りに迷惑をかけていることを自覚しなければいけない。 Continue reading 堅牢性よりも柔軟性

たいして食べたいとも思わなかったがブワッと唾液が湧いてきた

午前1時ジャカルタ空港到着。この空港に深夜の到着は考えればはじめてだ。

この時間だと両界所以外SIMカードのお店もしまっててタップアップ(料金チャージ)もできない。この調子だと食事もままならないだろう。機内食食べておいてよかった。

空港を出てずっと奥の方にタクシー乗り場がある。客引きはほとんどがメーターではないバカ高いタクシーなので、そこまで歩いてインドネシアのブルーバード(メータータクシー)を捕まえようとカートに入れた荷物を押して歩いていくがしても全然ブルーバードがいない。仕方なくシルバータクシー(メーターではないちょっとお高いタクシー)に乗る。手持ち現金約350,000RT。この国が一番、この現金で十分なのかどうか思考停止になる。1/100にして0.8にすればいいとあとで聞くのだが計算式を忘れてしまう。

Continue reading たいして食べたいとも思わなかったがブワッと唾液が湧いてきた