5Forceまとめ

なんか—more—が上手く動かないなーと思いながら書くこと優先してる・・・さて、5Forceをまとめてみる。

5Forceのフレームワーク

5Forceとは、競争環境を分析するためのフレームワーク。

市場における競争状況は既存業者間の競争だけではない。買い手(顧客)、売り手(仕入先)の交渉力、代替品および新規参入の脅威も競争に影響を与える。

これらの競争要因別に対象と基準を明確にするのが5Force分析。
アメリカの経営学者であるマイケル・ポーター博士が提唱した。 Continue reading “5Forceまとめ”

bingウェブマスターツールでわかること(その2)

滞在先のWIFIネットワークが不調で、ブログ更新が遅れてる。

さて続き。bingWEBマスターツールの機能の続き。

SEOに活用できる機能

Screen-Shot-2018-09-01-at-18.46.16.png

キーワード調査の画面。Google Search Consoleより優れているのはトレンドがわかる点だ。

Continue reading “bingウェブマスターツールでわかること(その2)”

bingウェブマスターツールでわかること(2018 9/3 現在)その1

なんかずーっとサイトマップのxml をbingが読み込んでくれないので、どーかなーどーかなーと思ってたけど、単にmetaをアップしていなかったからかもしれない。とりあえずうごきはじめるとこんな画面になる
Continue reading “bingウェブマスターツールでわかること(2018 9/3 現在)その1”

bingウェブマスターツールをwordpressに真面目に設置してみた(2018/9/2現在)

マイクロソフトの検索エンジンbingの使い方をまとめる必要があると感じ、自分のブログにbingウェブマスターツールを導入してみたのでまとめておく。

bingウェブマスターツールって入れる必要があるの?

Continue reading “bingウェブマスターツールをwordpressに真面目に設置してみた(2018/9/2現在)”

大地の芸術祭に行きたかった

大地の芸術祭に今年は開催期間中に行きたかったが、どうやら今年は行けなそうだ。昨日まさかのカンボジアでベネッセの方とお会いして、感謝の気持ちを伝えていてやっぱり行きたかったな、と思った。

最初大地の芸術祭に行ったのはまったくの義務感からだった。

Continue reading “大地の芸術祭に行きたかった”

WAOJE Global Venture Forum2018 Day1

8/31から参加している。経営者の知り合いや去年のForumで会った方がたくさんいる。今回は少人数のセミナーがいくつかあって、参加してきた。学んだことで差し支えなさそうなところを箇条書きで(いろいろ聞けたけど書かないほうがいいかなと)。

日本の経営者も視点が広がるし日本語だし、もっと参加したらいいと思う。

Continue reading “WAOJE Global Venture Forum2018 Day1”

FAQについて考えるセッションに登壇しました

8/28テクニカルコミュニケーター協会のパネルディスカッションで、お客様も作る側もうれしいFAQについて登壇した。

サポートサイトのKPIとして長年サポートサイトのことを語ってきたのに、その本格的な研究をする機会がなかったが、今回大手メーカーのFAQの担当者とじっくり話す機会があって私が気付いていなかったことをいくつも気づくことができた。

そもそもサポートサイトといってもFAQとマニュアルでは180度違う。前者はユーザーの質問に対して答えていくのに対し、マニュアルは製造メーカーとしての説明責任にもとづく体系的な内容だ。作り方も、メンテナンスも全く違う。そのことをまず念頭に置かなければいけない。 Continue reading “FAQについて考えるセッションに登壇しました”

Moodleを1日学んでました

トリプルメディア委員会参加メンバー中心でmoodleの勉強会を開催した。moodleはオープンソースで使えるLMS(Learning Management System)  。

学んだ内容について簡単にまとめ。

moodleってなぜ情報少ないの?

moodleはオープンソースではあるが、moodleの名称は商標登録されているため、インストール支援、開発や教育などの第三者向けのmoodleサービス提供をするときにはパートナーとして登録していなければ提供ができないことになっている。そのため日本でも開発を請け負える会社が少なく、書籍や情報がほとんどない状態になっている。

今日学んだ内容は本当に大きかった、世の中で使っているLMSのほとんどはmoodleによって解決できるんじゃないだろうか。英語の情報源しかなく、日本語の情報が殆ど無いことに起因している。誠にもったいない。

moodleでできること

1日の限られた時間での講座だったが、moodleでできることは以下になるだろう

  • 受講生、生徒、講座を作る先生、先生などの立場に寄る細かいユーザー管理
  • カテゴリー、コース、グループ、コホートなどの柔軟なグルーピングとコンテンツの提供
  • アンケート、課題提出、テストなどの幅広いコンテンツが提供できる。試さず言えないが、テストはCBT業者にとって相当驚異になる内容ではないかと思う
  • バッジの共有による全世界での共有やMahraによるスキルの共有
  • 豊富なテンプレートに寄るデザインの自由性と外部との連携チャネルの豊富さ

これからコツコツ学んでいって、できれば実際に使ってみたいと思う

 

英語を学ぼうと思ったとき何をしたか その1

私が学生のころ依頼、英語を学び直そう、英語でコミュニケーションをとれるようになろうと思ったのは2014年。41歳になってからだ。それまで全く話せなかった。どのぐらいかというと、お手紙書くときに

DearをDeraと書くぐらいだったwデラって静岡弁かwww

Continue reading “英語を学ぼうと思ったとき何をしたか その1”