道具が私たちの思考の範囲を決める

"BushmenSan" by Isewell. Licensed under CC BY-SA 2.5 via Commons - https://commons.wikimedia.org/wiki/File:BushmenSan.jpg#/media/File:BushmenSan.jpg
“BushmenSan” by Isewell. Licensed under CC BY-SA 2.5 via Commons –

私たちとコンピューターの違いの一つは発想できることだ。
しかし、道具が発想を大いに広げてくれたのは間違いない。
古くは紙とペン。しかし、現在のホワイトカラーの生産性は江戸時代の1万倍という。そのぐらい道具が発達し、発想力も高まったのだろう。
その代表例がスプレッドシートやエクセルである。電卓とノートから飛躍的に帳票作成を容易にしてくれたことは間違いない。
でも、僕らの発想はスプレッドシートになってないか?と思うこともある。