世界なぞなぞ大辞典

ふと子供の頃、買ってものすごい怒られた本があった。

世界なぞなぞ大辞典

当時TRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)、とくにD&Dにハマっていて、ゲームマスター(ダンジョンマスター)をやってた。RPGでいえばコンピューターの役、つまりゲームのシナリオをつくり、プレイヤーに遊んでもらう。

その中で大ボスを倒す、みたいなのに飽きてくると、謎解き、なんてものがほしくなる。

そこでなぞなぞだ。

JRRトールキンの「ホビットの冒険」でゴクリがビルボ・バキンズになぞなぞを仕掛ける。答えられなかったら命を落とす、というような話だったと思う。

そのなぞなぞ、日本と違って答えがロジカルだ。(これはホビットの冒険からか覚えていないが)

それを作る人はそれに用がない。
それを買う人はそれを使わない。
それを使う人はそれを見ることも感じることもできない。

その答えは。

Continue reading “世界なぞなぞ大辞典”

「純広」とはガラケー的単語だったのか

このブログのタイトルにも参考にしているターヘルアナトミア。
前田良沢と杉田玄白か長年の苦労をして翻訳したが、困難だった。そもそも東洋医学では単語すらなかった言葉を、彼らは必要に迫られ、そして多くの言葉を発明した。

私もウェブ解析を通して英語との壁を感じることがたくさんある。

また一つ壁を感じた。

「純広」という言葉である

Continue reading “「純広」とはガラケー的単語だったのか”

ウェブ解析士協会事務局のコンシェルジュのポリシーをまとめた

ウェブ解析士協会の事務局のコアコンプタンスはコンシェルジュ業務。
カスタマーサポート、カスタマーサクセスというような言い方もあり、作業的には近いが、私たちの役割はコンシェルジュであると思っている。

コンシェルジュ・・・客が何でも相談できる窓口を設け、それに対して豊富な知識に基づいてそれぞれに合った提案をするようなサービスやその職域に対して、コンシェルジュと称しているようである。

コトバンクより引用

事務局がなぜコンシェルジュであるべきか

Continue reading “ウェブ解析士協会事務局のコンシェルジュのポリシーをまとめた”

学問ノススメみたいなものが必要だ

本日は製造業向けソリューションを提供するアペルザさんでセミナーを開催。製造業の皆様に上尾さん、古橋さんとセミナーとパネルディスカッションをおこなってきた。

ウェブには決して詳しくない受講者だと聞いていたのだが、今回の講師の人選は手前味噌ながら完璧だったのではないだろうか。アンケートからも、誰からも難しかったという回答はなかった。

Continue reading “学問ノススメみたいなものが必要だ”

力仕事ができるロボット、もっと研究しよう

SXSWや展示会でロボットを見ることが増えた。私はガンダム以外ロボットに対して関心を寄せていないのだが、いろいろ見聞きするうちに、ロボットというものをもっと実用的に考えなければいけないと考えるようになった。

Continue reading “力仕事ができるロボット、もっと研究しよう”