自民党はどうやらまけなかった

負けると予言したけど見事に外しました^^

悲しい気持ちで予言したのだけど、そんな事態になりませんでした。耳障りの良い言葉では動かなくなってることはとても良いことで日本にいてもいい理由になりました。

でも、じゃ今回の選挙結果で満足ということでもなく、根本的な議論がなく性格やら人格やらばかりあげつらうメディアで失速した形です。それでいいのか?と思います。

今回負けた政党も、もしかしたらとてもいいアイデアがあったかもしれません。そんな議論ついぞ聞いてません。

だから、予言は外れてうれしいけど、過程に問題があり、その問題はのこってしまいました。

メディアはいつまで論う(あげつらう)ものでいるのでしょうか?

Published by

ejtter

Born in Fukushima, working as web analytics consultant since 2000.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *