自走するコミュニティを作る条件

久しぶりにイベントも何もないのに羊齧協会の菊池主席と昼間にお会いした。

日頃暗躍する羊齧協会枢密顧問のわたしは、昼間の主席は眩しかった(笑)
彼は羊齧協会のフレームワークで、四川フェスタも成功させている。
そういうと、どんな豪放磊落な男かと思うかもしれないが、相当謙虚な方だ。このコミュニティは菊池さんのお人柄によるところが大きい。

その菊池さんを中心にあつまる組織。その秘訣は3点にまとめられる。

  1. コンシューマー主導
    業界団体でも行政団体でもない、消費者の団体だから、コンシューマーが安全か、満足するかだけを軸に行動している。だから消費者にとって不利益になることはすっぱり切れる
  2. 独裁制
    この団体は菊池さんが神で、すべてを決める。それでもみんな納得してて、彼が思う方向性にブレがないからだ。
    そして中小企業は独裁制になるよね、と思う。
  3. 機能体
    これは堺屋太一の書籍「組織の盛衰」を読んで思ったこと。共同体は、軍隊、消防署のような機能体であるべきで、共同体ではない。共同体にすると必ず協会は割に合わなくなるためである

こういうコミュニティを構築する技術はそうそうあるものではないのでどこかでオープンにしたいね、という話になった。

私も少しお力添えできればと思う。

Published by

ejtter

Born in Fukushima, working as web analytics consultant since 2000.

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.