カスタム変数って産業革命だよねw

マレーシアに滞在してたらブログ更新が滞ってしまった

なんていいわけで、すいません。書いてはいたけどまとめってアップ。明日から上海だからブログとか書けるのかしら?

カスタム変数の話をする。カスタム変数って、ウェブ解析において革命的だと人類の歴史において産業革命ぐらい。資本主義って産業革命がないとできないように、カスタム変数がなかったら新しい今のアプリのビジネスとか難しいかもしれない(まあちょといいすぎだけど)。

昔、カスタム変数って「うわーめんどくせーマニアが使うんだなー」と思ってたが清水誠さんのコンセプトダイアグラムの話がステップ定義につながったときに、その必要性を確信した。

ウェブ解析やる人は必ず全員使ってほしいよ。

「カスタム変数」とは、特定のユーザー、特定の訪問、特定のページ閲覧があったときにCookieに関連付けてラベルを貼ることができること。
従来のウェブ解析では「新規セッション」「リピートセッション」のようなCookieベースでの分類しかできなかったが、カスタム変数をつかうことで、「購入済ユーザー」「ログインユーザー」「XXさんが書いた記事」のように、特定のページや値をウェブサイトで表示させたときをキーに分類することができる。

カスタム変数はGoogle Analyticsではカスタムディメンションとカスタム指標(メトリクス)が設定できる。つまり自分で設定したディメンションと指標を作り、測定できるということ。
matomoでもカスタム変数、カスタムディメンションを設定する機能がある、だけど称さう不明。どうもやり方違うみたい。
基本的な設計は同じ。アクセス解析ツールの管理画面上で変数を設定し、その変数に値を送るトラッキングコードをJavaScriptで記述。で、プログラムが出力する動的な表示と連携すると面白くなる。会員としてログインしたユーザーの挙動を「ログイン済」で格納するとか。
現在はタグマネで結構簡単にとれる。たまにクラスの設定とか制作会社に言わないといけなきゃいけないことあるけどね。クラスに「font-size:18px bold」みたいな担当のときね。HTMLって・・・って説教したくなる。

Published by

ejtter

Born in Fukushima, working as web analytics consultant since 2000.

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.