謙虚になると正しく力が入る

今年に入っていきなりエネルギー切れになるように休むことがしばしば起きている。前日夜中まで会食で翌日動けないとか、ほんと社会人失格なのだが去年までなかったことだった。自分の衰え、限界を感じている。

理由は明確で、やるべきことが増えて、能力が少しづつ落ちているからだ。それを効率化や人に任せて埋めてきたが、特に増える量と効率化が十分にできていないため仕事で周りに迷惑をかけていることが今年になって増えてきた。

もうこれから劇的に能力があがることは多分ない。できることは経験によって要領を良くすることだけだ。その中でこの頃よく思うことは謙虚になるしか正しく力が入らない、ということだ。

Continue reading 謙虚になると正しく力が入る

8/28 14:00 テクニカルコミュニケーションシンポジウム2018東京 登壇します

8/28 14:00 テクニカルコミュニケーションシンポジウム2018東京のパネルディスカッションの打合せをしてきたときのこと。

あ、こちらFAQサイトのウェブ解析の話をします。よかったら来てくださいませ^^

今日はテクニカルコミュニケーター協会の打ち合わせだった。サポートサイトと私達が読んでいたFAQやマニュアルサイトをどう分析するか、ということを語った。

Continue reading 8/28 14:00 テクニカルコミュニケーションシンポジウム2018東京 登壇します

暗号通貨とブロックチェーンのロマン

現在ブロックチェーンや暗号通貨も少しづつ調べている。同業者では業界が絡みたら想像以上にこの話題は少なくて、どちらかというと経営者や金融の人のほうが関心が高い。デジタルマーケティング業界でブロックチェーン話す人が多いが、暗号通貨のことを熱心に語る人は少ない。

どちらかというと避けているような印象ももつ。

Continue reading 暗号通貨とブロックチェーンのロマン

エグゼクティブに立って仕事したほうがいい3つの理由

そういえば2016年にソフトバンク・テクノロジーを去り、自分で会社を作ってからずっとオフィスで仕事は立って仕事している。

「立ってると疲れるのではないか?」
と聞かれるが、逆に
「立ってできない仕事を座ったほうができることはあるのか?」
と聞きたい。 Continue reading エグゼクティブに立って仕事したほうがいい3つの理由

ネガティブな発言に対して私の接し方

ウェブ解析士なんてものをしていて、相当ネガティブな発言を聞いてきた。結構傷ついたりもした。事業してるのと性質が違ったためだ。

そもそも事業を志すもの、ネガティブな発言はつきもので、むしろネガティブな発言がない事業なんて意味ないと思うのだが、私が事業をやっててうけたネガティブな発言は業界外の人からだった。双方の無理解が原因になっていた。

しかしウェブ解析士をはじめたときのネガティブな発言は業界内から主で、双方を理解している上での発言で、相当傷つくものだった。 Continue reading ネガティブな発言に対して私の接し方

インターン受け入れのススメ

佐藤さんの「この世の中をどうしたいか」というエントリーを見て刺激を受けて私のインターンを受け入れたケースを紹介したい。

私はインターンを結構会社はじめた初期の頃から受け入れてきた。インターンを受け入れることは

「学生の世話をするのが大変」
「自分のような小企業や個人事業主ではインターン受け入れにふさわしくないのでは」

などと感じるかもしれないが、そのイメージを変えたいと思う。学校は今職業体験を重視していて単位授業として多くの大学、高校で実施している。受け入れ企業を探すのは結構大変だと聞く。そこでもっとたくさんの企業に受け入れてもらえるようこの記事が参考になれば幸いだ。

インターン受入れのメリット

Continue reading インターン受け入れのススメ

情報通信白書と変えるべき意識

日本の情報通信白書が無料でKindleで読めることはご存知だろうか?

情報通信白書は私が大学生のころに論文を書くときのバイブル的な本だった。
タダとは本当にありがたい。この本のデータから気づけることはたくさんある。でも一番気づけたことは

「なぜ企業はウェブなどに投資できていなかったか」

である。

日本と海外においてITに対する投資が低かったか、高かったか。

Continue reading 情報通信白書と変えるべき意識

UK Warns Government Agencies Not to Use Kaspersky Softwareで思うこと

英会話の教材で面白いものを見つけて講座に使った。UK Warns Government Agencies Not to Use Kaspersky Softwareだった。UKがKasperskyの利用しないようにしているらしい。すでにUSも利用していない。理由はハッキングだ。情報の漏洩を恐れている。偶然講師がセキュリティのエンジニアだったので詳しく聞いたが、あらゆるウイルス対策ソフトウェアはパソコンの根幹のシステムを分析する機能をもってるし、サーバと共有する機能をもっているので、このようなPCのセンシティブなデータをハックすることはむずかしいことではない。このような問題は当然おきる、という Continue reading UK Warns Government Agencies Not to Use Kaspersky Softwareで思うこと