90年代初期の原宿渋谷うろうろしてた時の話

high rise buildings beside road
Photo by Aleksandar Pasaric on Pexels.com

大学の学生証が93から始まってたから、私が原宿渋谷に通ってた頃が90年ー97年ぐらいじゃないかと思う、とくに前半90年−93年ぐらいのころの渋谷原宿界隈の雰囲気っていまや懐かしい話なんじゃないかと思いヤマもオチもなく書いておく

最近髪を伸ばしている。なぜかというと明確なものはないのだが、人生で髪を伸ばしたことが一回もなく、ずっと短髪だったのでやってみよう。そして死ぬ前にレゲエが好きなんだからドレッドやってみようなんて言ってる。そして半年。もう肩につき始めた。カーリーヘアーで、伸ばしてみたらパーマかけてるみたいになるのも伸ばすまで知らなかった。天然パーマの人、だから短くしてる人、伸ばしてみると、いい感じのパーマになってるかもよ。

さて、伸ばすといっても清潔感を保つため美容院ではお手入れしてもらってる。

周りを刈り上げてるんで、なんかイキった感じになっちゃったんで、こえーおにーちゃん風になってきてるがまあ気にしません。そして美容院では20年以上お付き合いしてるんで、特別にいろいろ最後にいじってもらっている。

白髪に染めてもらったり、髪を編んでもらったり。

今回はアイロンドライヤーでストレートにしてもらった、その日限りのストレートヘアー。そして、笑って初期の長渕剛風にしよーなんて話してたら、なんかそうならなくて、藤原ひろし風になったなんて話になった。

藤原ひろし、久しぶりに聞く。30年以上前、高校生の頃に聞いた名前だった。あの頃からサブカルのカリスマ。イエローで回してて「どうせ踊り着ないんだから」と全然もりあがらない曲ばかりながすと言われてた、けど高校生だから入れなかった(と思う)。Nigoの話は別に書いたからいいよね。

そして当時のことを思い出して、ヤマもオチもなくタラタラ書く。

あの頃高校生の頃、付き合ってた子が代々木に住んでいて、原宿で働いてたので、遊ぶ場所はあの辺だった。住んでるのは北千住だから長い道のり千代田線で明治神宮前まで向かってた。

当時無印のとなりに若菜百菜で彼女が働いてたんで、そこでお昼いただくのが日課だった。たくさん買っても社割で安かったんだよね。そして社交的だったので渋谷原宿のお店の店員さんやお客さんと仲良くなってった。みんなクラブとか当時のファッションとか熱心に追いかけてた。

たとえばアローズとかすごい人気だった。一人アローズアローズアローズってその話ばっかりして嫌われる子もいた。そうだじょーとか話す子だったな。こんなでかい企業になるとは思わんかった。高いし手が出なかったと思う。

ミルクとかミルクボーイ(まだあるのねびっくり)とかも近かったから服とか買った。でもめちゃ高くて、ダサい人が店入ると触っただけで買わされるという噂があって彼女と一緒じゃないと怖くて入れなかった。あれってその後裏原宿とかいわれたのだろうと思う。あとラフォーレにあったビビアンとか。パンクファッションも馬鹿みたいに高かったし着づらかった。いまはもう年配のファッションなのかな?いまみるとその子はロリータとかパンクとかに近いファッションだったんだな。ふくしまから上京したての私にはそのあたりのポジションを知るはずもなかった。

無印もほぼ服買うことなかったし、そのかわりベネトンとかがリーズナブルだった気がするね。あとアニエスは人気だった。最近若い人が着てるけどまた人気復活したのかな。

そしてあの頃スケボーなんかやってた。っていっても大したできてなくて、小ビットとか180とかぐらいまで頑張ったけど、グライドはできてもレール使うのは股間打ちそうで怖くてできんかった。

買ったのはムラサキスポーツと、ストーミー。これ美容院にその単語言われておおお!懐かしい!と思い出した。他は覚えてない。ストーミーがやっぱ老舗で信頼できるって感じだったかな。僕はそこでデッキとか買ったけどsimsだったともう。あんまかっこよくなかったけど、安かった。トラック緩めてぐちゃぐにゃにして硬めのウィル買ったりして。北千住で探したけど、いい場所なくって、代々木公園とか宮下公園が多かったなー。

宮下公園はすげー人がよく来た。常連の子たちとか若いけどめちゃ上手だし、なんかカッコよかった。おしゃれなお店の人も来たけど、ま、基本はスケボーしにくるところだったな。

僕は進学校で真面目な子たちばっかりで、この子たちと交流することに必死だった。でも、末端に入れてももらった程度で、仲良くなった感じはなかったかなー。でもさ、あの当時、宮下公園のスケーターと話できたってのはすごい貴重な経験だったと思う。

多分、あのあたりに住んでる普通の、でも学校よりスケーターやサブカル系の人と話す方が楽しい高校生が中心にあつまってたのが宮下公園だと思う。美容院の人に怖くなかったですか?と聞かれたけど、あの当時、怖くはなかった。三十人に一人ぐらいチーマーとかヤクザっぽい人とか、ジャックナイフ持ちあるく外国人とか来てたけど、喧嘩とかなかったと思う。

多分、あのころはセンター街は怖かったかもしれないけど、宮下公園は平和だったよ。

これも美容院さんに言われて思い出したけど、レーベルMajor Forceは人気でパーカーとか買ったし、ステッカーとか貼ってた。ってかあの頃それしかなかったかもね。聞いたらいまとんでもないプレミアついてるんだってねー。

あの頃、レゲエが好きだったけど、まだチャッピーとかランキンタクシーとかが重鎮で、その後の人が出てきたところだった。ラップも高木完さんとかすげーがんばってたけど日本語でラップもレゲエもどうすればカッコ良くなるのか、メジャーになるのか模索してる段階だった。その手探り感は好きで、私が最近娘からボカロのはなしをきいて同じ手探り感を感じてワクワクしている。

でもって、大学4年のころしさしぶりにサウンドシステムのクラッシュがあるからって行ってみたら、なんか高校生ぐらいの子達が喧嘩してたんだよね。ジャマイカみたいって思ってるのかもしれないけど、僕は冷めた。別に喧嘩しなくていいじゃん、マーケットちっこいのに。うわーいやだーとおもってあれからクラブとかいってない。

投稿日:
カテゴリー: thinking

作成者: ejtter

Born in Fukushima, working as web analytics consultant since 2000.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください