解析新書 Table Anatomy

いまは理想的な人材が育つ教材を作ることだけ考えよう

上級をオンデマンド化するための構築をMoodleでここ数日作り込んでる。
色んな仕事がとびこんでくるから、遅々として進まないが、それでも進んでる。

ビジネスフレームワークで企業を分析する、ということは誰だって身につけたいし大事なことだが、それをどうやったら面白く、役に立ってつくれるか。正直フレームワークに自分の考えや調べたことを落とし込むのが大変なはずだ。

そこで考えた。アンケートのような機能をつかい受講生みんながそれぞれの項目で考えたことや調べたことを共有したらいろんな視点が見つかって、つくりやすいのではないか?

そのアンケートをもとに自分なりに考え抜いたフレームワーク分析を提出し、他の人のレポートを採点したら、そこで見方、気付きが生まれないか?と思ってる。

しかしその数が膨大だ(苦笑)。そんなに作ってくれるのか?作る途中で空きてしまうものなのか?ということを今迷いながら作っている。

でもなー。この講座で実際手をこれだけ動かしたら、相当な考えが身につくし、明日から自分の会社でも使えるとは思うんだよなー・・・

いまは理想的な人材が育つ教材を作ることだけ考えよう。楽にするのはその後だ。だってこんなことがなかったら私が自分の手で真剣にこのような講座を作ることはなかった。少なくとも去年は作れなかった。

こんな膨大なもの、やるやついるのかな?という不安な気持ちと、これできたらすごい人材になるぞ、というワクワク感が言ったり来たりしている夜だった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください