三方良し(three way satisfaction)

「売り手によし」、「買い手によし」、「世間によし」という商売についての考え方を「三方良し」といいます。

商売をするときに売る利益のことだけではなく、買う人が喜ぶことを考え、そしてその先に社会がよくなることを考えてビジネスをするという解釈ができるでしょう。