遺伝の特徴は変えられないことで救われたこと

自分の子供が、自分と同じような欠点や間違いをすると、親として助けたいと思うのは当然だ。自分が過去に経験した同じ苦労を子供がすることはない、こうするといい、ああするといい、とアドバイスしたくなる。

私もそうだった。しかし私が本を書くときに編集者が紹介してくれた本で救われたと思った。

橘玲さんの著書「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」は私がちょうど本を書き始めた2010年に出版された本だった。

ニッチなマーケットで自分のビジネスをはじめることがこれからの世の中で大事だということがこの本のメインイシューだ。

今回はそのことではなく、前半の話、遺伝の話を読んだときの経験を紹介したい。

投稿日:
カテゴリー: thinking