同じ目線で話したい

師匠も弟子もないよ

関係者にはわたしに「様」をつけるのは、できるだけお願いしてやめてもらっている。相手を尊重している言葉だが、距離を縮めるより遠ざける効果がある。プロジェクトを一緒にするときに、距離を遠ざけるメリットはない。だからこれは明確。

明確じゃない言葉として、

Continue reading “同じ目線で話したい”

ポジショントークしなくてすむ場が必要だ

ふと15年ぐらい前のことを思い出した。

2005年ごろだっただったろうか。web2.0という言葉が使われはじめたころだ。アルファブロガーが集まるディスカッションに参加させてもらう機会があった。

テーマはアップル。
スケルトンボディーのiMacをリリースしたあと、iPodやiTunesを展開しはじめた頃だった。

Continue reading “ポジショントークしなくてすむ場が必要だ”

海外に対する企業と銀行のキャズム

キリロムにいる。ここのそよ風は知ってる中で一番心地いいと思う。息子もいろいろな新しいことにチャレンジして顔つきも変わってきたようにおもう。

思えばカンボジアの山奥に99年賃借権で広大な土地を借り、大学を中心にしたネイチャーシティーをつくる、という構想を実現させようとしているのは相当クレイジーだがエキサイティングな仕事だ。参加しようとした人が「人生で1度しかチャレンジできないようなプロジェクトだ」と言ってたが、ほんとそう思う。

過去にこのような壮大なプロジェクトを日系のベンチャーが海外ではじめたケースはあったかというと、私の知る限り少ない。国内の企業が海外展開するならあるが、日系が海外で起業した会社でこのような投資は相当難しいはずだ。その理由の一つに金融がある。

Continue reading “海外に対する企業と銀行のキャズム”

ブログ書き続けてよかったと思ったこと

twitterで私のブログを参考にしましたとの連絡をいただいた。

contact form 7のコンバージョンの取得をGoogle Tag ManagerとGoogle Analyticsだけをつかっておこなう方法を参考にしてくださったそうだ。

今回参考にして書いてくださったのは

Continue reading “ブログ書き続けてよかったと思ったこと”

学ぶ価値

13日深夜、厳密には14日午前0:50の飛行機でバンコクに出発。朝5時(現地時間)に着いたあと、8時のフライトで向かう。

カンボジア、プノンペン。
今回がたしか4回目の訪問になるキリロム大学に向かうためだ。
vKiriromサミットに参加することが一つの目的である。

赤茶色の地肌をいつも思い出す。

Continue reading “学ぶ価値”

グロービスに行ってたころの話

私は起業したあと、多分15年ぐらい前にグロービスの単科コースに通ったクリティカルシンキングとアカウンティングを受けた。あと堀さん自ら講師をする実験的な授業だったのだと思うが、経営者向けのコースも通った。

私のグロービス体験

グロービスは社会人を対象としたビジネススクールだ。創業者がハーバード大学院のMBAで体験した経験をもとに、ハーバードビジネスレビューや様々なビジネスのケーススタディをもとに、事業やビジネスについて学ぶ。

Continue reading “グロービスに行ってたころの話”

ハムやソーセージの国内持ち込みなぜできないのかな?

T-Passのついでにもう1つ、いまだ解せないものがある。肉製品の国内持ち込みが一切できないことだ。

生肉が持ち込めないことは理解できる。検疫所としても国内に深刻な病原菌を持ち込むことを防御しなけれえばいけないのも尤もなことである。
しかしハムとかソーセージはどうなのだろう?

Continue reading “ハムやソーセージの国内持ち込みなぜできないのかな?”

ネット広告の闇を見てむかしの闇を思い出した

ネット広告の闇」を見た。22日NHKで放送され、終了してから存在に気づいたのだが、U-Nextを使って見ることができた。まだ見られるかも。数百円前半だ。

見て他の同業者同様失望したのだが、嫌な子供時代の思い出を思い出した。 Continue reading “ネット広告の闇を見てむかしの闇を思い出した”