解析新書 Table Anatomy

シェアリングエコノミーも調べてみた

シェアリングエコノミーを紹介するための記事の原稿だったけど、これはもっと専門の人がいい記事かいてくれてるから多分ここだけの記事になりそう。でも一応共有。

シェアサービスとは個人の持っている遊休資産やスキルを期間や範囲を限定して貸与することで、シェアリングエコノミーはそのサービスによる経済圏。資産の有効活用を促すことは、経済的環境的な社会的メリットも期待できる。

すでにUberやGrabなどのカーシェアリングは他の旅客業を超える規模であり、Airbnbは「民泊」の最大のプラットフォームで、どのホテルチェーンより大きい宿泊業となっている。さらに専門スキルをシェアするスキルシェアやデリバリーや家事などの代行など幅広いシェアリングプラットフォームが存在すr。

シャリングエコノミーには以下の強みがある。

  • 購入するより安く製品・サービスを利用できる
  • 提供者に新たな収益源をもたらすことができる
  • 購入者はいろいろな製品・サービスを利用できる
  • レビューを通して強固なコミュニティを創造できる

一方でデメリットもある。

  • プライバシーや安全の問題が起きうる
  • 保証がほとんどないことがある
  • 利用者・提供者双方の協調性が求められる
  • 産業破壊や混乱をもたらすことがある

シェアサービスには以下の種類がある。

  • 個人間融資
  • 民泊
  • バイク・カーシェアリング
  • コワーキングスペース
  • スキルシェアリング
  • ニッチサービスシェアリング

その他にもクラウドファンディングやメルカリなどの個人間製品売買もシェアサービスに含まれる。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください