世界なぞなぞ大辞典

ふと子供の頃、買ってものすごい怒られた本があった。

世界なぞなぞ大辞典

当時TRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)、とくにD&Dにハマっていて、ゲームマスター(ダンジョンマスター)をやってた。RPGでいえばコンピューターの役、つまりゲームのシナリオをつくり、プレイヤーに遊んでもらう。

その中で大ボスを倒す、みたいなのに飽きてくると、謎解き、なんてものがほしくなる。

そこでなぞなぞだ。

JRRトールキンの「ホビットの冒険」でゴクリがビルボ・バキンズになぞなぞを仕掛ける。答えられなかったら命を落とす、というような話だったと思う。

そのなぞなぞ、日本と違って答えがロジカルだ。(これはホビットの冒険からか覚えていないが)

それを作る人はそれに用がない。
それを買う人はそれを使わない。
それを使う人はそれを見ることも感じることもできない。

その答えは。

Continue reading “世界なぞなぞ大辞典”