解析新書 Table Anatomy

ウェブ解析士を外国人に紹介するなら

海外の人や知らない人にウェブ解析士を紹介するならどう書けばいいか考えてみた。

ウェブ解析士は社会人が自分のビジネスのために

  • インターネットを活用して
  • ユーザとビジネスと競合を理解して
  • カイゼンサイクルを回す

ための実践的なスキルを学ぶ資格。

学ぶメリットは以下の通り。

  1. 最新トレンドが学べる
    ウェブ解析士は毎年、実務でデジタルマーケティングをしている多訪問の専門家が更新しているので「今」のデジタルマーケティングを学べる。
    テクノロジーの進化と規制、どちらも重要で、最新のトレンドを学ぶことができる
  2. 体系的に学べる
    最新トレンドはブログやニュースでも学べる。しかしそれは体系的ではない。章ごとにまとめられた知識なので、業界未経験者でも初学者でも学ぶことができる
  3. 実務的に学べる
    講座もテキストも教材も実務をベースに作成。自分の考えや調査をアウトプットするから講座後実務でつかってみたくなる
  4. 本質的に学べる
    ユーザーと競合を理解し、事業に貢献するためのカイゼンサイクルを回すことが講座で学ぶこと。本質的な学びなので、忘れることがない
  5. コミュニティがある
    1万人の有資格者が常に新しいセミナーで知識をアップデート。プロとして安心してデジタルマーケティングを任せられるモラルハザードの役割を目指してる

データサイエンティストや統計と違うところは一般向けであり、データ分析の方法よる、データから得たヒントをもとにカイゼン活動をする専門家であるということ。

もともと地方中小企業はデジタルマーケティングを必要としているのに、首都圏大手しか活用できない状況をカイゼンしたく、税理士のようにどこでもデジタルマーケティングを相談ができる専門家を育てたいという思いから始まった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください