幼児期にプログラミングを学ぶメリットがあるのか?

sasint / Pixabay

最近子供向けプログラミングスクールが増えてる。スクラッチなどの言語を使い、ゲーム感覚で学べる優れた言語も増えてきた。

資本を投入している親御さんには申し訳ないが、だからと言ってみんなプログラマーになれるわけではない。

なぜならプログラミングはアートだから。誰でも作ることを楽しめるものではない

楽器を学んだ人が全員コンサートで満員にできないように
数学を学んだ人が全員数学者になるわけではないように

あの技術には向き不向きがあることは知っててほしい。どんなに学んだってプログラマーとして仕事をできる人は限られている。

振り返ってプログラマーとして仕事している人の何人がプログラムを作ることが好きなのだろうか?