何か不快なことをしましたか?

Photo by Startup Stock Photos on Pexels.com

先日、とある社長のご紹介であるソリューションを提供する会社の社長と社内で商談の約束があった。

時間通り社長はお越しになり、サービスのご紹介をしてくれた。中小企業向けに難しいソリューションをわかりやすく提供する、素晴らしいサービスだった。

まだ社長はお若いと思うのだが、事業を展開する経験を生かし、役に立つサービスを提供しようと志していた。
私としては素晴らしいサービスなので関係者にご紹介したいと思った、ところでいつもと違う展開になった。

しかしそうはならなかった。

テキストを見て、彼はこのようなテキストに色々リードジェネレーションについて書かれているけど、間違っていると思う、ということを伝え始めたのだ。