解析新書 Table Anatomy

携帯修理でがっかりした経験

iPhone 5SE携帯を落として画面を何度も割ってしまい、Appleケアで直してもらう回数もつきてしまい、もう古いし次は買い換えるつもりで、新宿駅前にある携帯の修理屋さんで直してもらった。

iPhone修理救急便 新宿大ガード店

そのときちょっと高いけど保証付き、というプランがあったのでそれを選んでみた。そのほうがたしかクオリティが高い、という話だったと思う。

しばらく使っていたら、画面がだんだんホラー映画のようになってきて、ついに映らなくなってしまった。

音はなるが、画面だけ真っ暗。

これは困ったと思い、その修理したお店に持っていった。

「保証書がないと定価いただくことになっちゃうんですよ。」

数ヶ月前で保証書ドコに入れたかとんと覚えていない。保証書なくても電話番号とかで保証してくれるかと思った私が甘かった。

とおもったら、財布にしまっていた(笑)。

そこで、その保証書を見せたところ、確認をしてくれるとのこと。20分ぐらい待っていたのだが、

「ネジが潰れてて、検査に時間がかかりそう。」

ということだったので、オフィスに戻って検査後電話をもらうことにした。またネジが上手に外せないので、すこし傷をつけないと開けられないだろう、とのことだった。保証されてきれいに戻るなら、ま、しょうがないかなと思い、OKをしたのだが、しばらくすると電話がかかってきて、

「やっぱり水濡れがあるようです。」

とのこと。水に入れてしまった覚えはないが、水で濡れた場合は保証対象外で追加費用で修理する必要がある、ということだった。基盤から交換でコストも結構かかるようだった。

水に濡らした覚えはないけど・・・でも走るときつかってたから、汗で濡らした可能性がゼロではない。そういうことかな・・・と思ったのだった。

しかし、そうなるともう古いiPhoneだし、もともと海外でつかうつもりでsimフリーの機種を買ったので、ローンも残っていない。

これは潮時だろうと思い、新しい端末を買って、それにsimを入れてつかいつづけようと思った。そこで

「修理しなくていいので、返してください」

と伝えた。

「傷ついちゃってますがいいですか?」

と伝えられ、あ、そうだった傷つけてOKしちゃったっけ、と思ったがもうしょうがない。買い換えるしもうあきらめるか、と思いそのまま返してもらった。

直接お店に私はいかず、使いの人に取りに行ってもらったのだが・・・

なんと戻ってきた携帯は傷ついているのだが、画面がうつっていた。
あれ?水濡れで映らないんじゃなかったのかな?と思ったが、映ってこまるものでもない。

どういうことが起きたかよくわからないが、水没じゃなかったんじゃないかなと思う。保証をつけた結果、不具合が起きても直してもらえず、傷ついて帰ってきたという経験だけが残った。

直ったんだからいいだろう、という意見もあるかもしれない。でも不信感がのこってしまった。

もうあそこで修理することはないだろう。

携帯を修理するお店、公式じゃないと色々決めるのが難しいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください