解析新書 Table Anatomy

サウナーなら有馬温泉より有田温泉は行ったほうがいい

去年の今頃、令和元年は有田温泉で過ごしていた。というと優雅そうだが、有田温泉はキャンプカーが泊まれるところがあるため、そこで車中泊してたんだよ(笑)。そんなお世話になった有田温泉のことをまだ一つも勧めてなかった。

有田陶器市は100万人来る。ゴールデンウィークはめちゃめちゃ混むけど、その観光客を受け入れるだけの宿泊施設がないため隣町まで予約で一杯になってしまう。

有馬温泉は有名だが有田温泉はそこまで有名ではないと思う。
有田温泉はアルカリ性の泉質であるため、お湯がヌルヌルする。石鹸もアルカリ性だが皮膚が少し溶けるためだ。

そしてそれより特筆したいのは屋外だ。露天風呂があるのだが、そこは沸かしていない冷鉱泉の水風呂がかけ流しでながされている。かなりの大きさなのだ。そこでざぶんと水風呂を楽しむことができる。

そして大きくはないがサウナがある。しっかり温度も高い、良いサウナだ。

これを聞いて、ピンとこないサウナーはサウナーじゃない(笑)。そう天然冷鉱泉で水風呂を露店で楽しめるサウナは有田温泉にあるのである。

くどいが冷鉱泉だ。アルカリ性のヌルヌルの冷鉱泉だ。ほかに無いんじゃないだろうか?

その隣にはプールもあるから物足りなかったらじゃぶじゃぶ泳いでもいいしな!!でっかいコインランドリーじゃないぞ!スポーツクラブだよ(未確認)!

しかし、サウナ情報サイトにはここにもそこにも、あんまりいい情報がのっていない。看板猫は可愛いが、水風呂の評価が大事だろ!なあみんな!

サウナーなら有馬温泉より有田温泉を目指したほうがいい。なぜならそこに冷鉱泉があるから(笑)。

宇宙から届いた焼き物X」には有田温泉が出てこない。取材する時間がなかったんだよなー。でも次回はぜひ、看板猫ももちゃん含め登場させたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください