世界一美味しいホルモン屋さんが閉店してしまった。

岡山で去年マスター講座をするときに、ぜひ可能であればホルモン滝川に行きたい、と願っていたが結局叶わず閉店してしまった。写真は滝川ではない広島の近いスタイルのお店。

私が知る限り、世界一美味しいホルモン屋さんだ。

当然ながらファンも多い。ブログもあった。

【岡山グルメ】※閉店※滝川ホルモン店☆勝央町にある行列の絶えない鉄板ホルモン焼き

滝川ホルモン

ここのホルモンは普通のホルモン焼きと違って、店員が広島風お好み焼きのお店絵のような広い鉄板でお客様に焼いてあげる方法。

味付けはニンニクの効いた味噌だ。この味噌で和えたホルモンを鉄板においたままで食べる。

近いお店は実は広島にある。広島駅近くで連れて行ってもらった。美味しいが、滝川のほうが遥かに美味しい。

裏メニューでは生レバーを軽く表面焼いて、ごま油と塩で食べる、ほぼレバ刺しみたいなものもあったが、人生で一番美味しいレバーはこれだった。

このお店は他のプログ見てもらえば分かる通り滝川という川のほとりの一見なんてことない食堂に見えてて、知る人ぞ知るお店だった。ビールもたまらなく美味しいが、あまりにどこからも遠くてノンアルで運転する犠牲者が1名絶対必用だった。

そしてここの美味しさはなんと言っても世界一美味しいホルモンの質にある。センマイやら上ホルやらが雑多に大きめにぶつ切りされ、下茹でされたホルモンをまず炒めてから味噌ダレをあえてできあがり。以上。

センマイと上ホルは分けて焼いたほうがいいと思うだろう。自分で炭火でやくホルモンのほうが脂が抜けて美味しいと思うだろう。それも分かる。

でもその先入観を無にするぐらいホルモンの質がいい。新鮮なのだろうし、あのあたりは千屋牛が取れる名産地だからかもしれない。

あのホルモンを食べると、体が元気になる。ニンニクダレのせいじゃないはず。

最後にお店に行ったとき、大将も年だからそろそろ引退するという話も聞いていた。もう次はお店やってないかもとも聞いていた。それが数年前。それは閉店するのも無理もない。

悔やまれるのは東京からホルモンファン遠征ツアーをしなかったこと。私の周りには人生で10本の指に入るぐらいホルモンが好きな人が何人かいる。

彼らをもし連れて行ったた・・・脱サラして彼のホルモンを引き継ぐ人がいたら・・・それが岡山や大阪や東京でやっててもいいかもしれない・・・。

東京でIT系企業で仕事してるより、そっちの仕事のほうが楽しいひとがいたはずでしょうかいできればよかった。

投稿日:
カテゴリー: thinking

作成者: ejtter

Born in Fukushima, working as web analytics consultant since 2000.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください