15 11月

日本は食について不自由な国だ

やっとこの日のことを書ける・・・

本日はインド出身のイベントオーガナイザーと会食があった。彼はベジタリアンということだったので、ベジタリアンのお店を探すことになった。当日は虎ノ門ヒルズでイベントがあり、視察も兼ねていたのでビル内で探してみた。

・・・がない(笑)。一軒もないのだ。
結局ここにしたと思う。豆腐の出汁を塩にすれば良いだろうということになった。

日本は食事が美味しいとどこの国でも評判で、日本料理は大人気だ。どんなモールに行っても、1つは日本料理のお店があるものだ。しかしベジタリアン対応となるととたんに難しくなる。どんな料理にも必ず肉がはいってるのだ。

その意味で食事に不自由な国だと思う。野菜、豆、肉、それぞれ食べたいものは人の自由ではあるのだが、選べるか、というと選べない。宗教上はムスリムやユダヤ教の人もいる。彼らは相当不自由な生活を強いられていると思う。

この日の会食はとてもよい形で終わってよかったのだが、ベジタリアンやムスリムが楽しめる寿司屋や和食屋があることはこれからの日本でとっても大事だと思う。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ