解析新書 Table Anatomy

プレゼン資料作成上手になったときに読んだ書籍

「プレゼンテーションの資料作りが上手になりましたね」とFooさんから言われた。まあ、まだプレゼンなんぞ作ってるのか、という話もあるが(笑)、でも上手になったから悪いことじゃない。その参考にした本がある。

それがプレゼン資料のデザイン図鑑だ。

プレゼン資料のつくりかた、いろいろあったけど、ことレイアウトについて暴論でもこうしろ!という指示があるのが新鮮だった。正直内容については一部、そうなの?と思うこともあるが、そういう賛否両論の意見も大胆に示すのは嫌いではない。

結論をつたえ、過程をつたえ、短くまとめるという資料のプロセスもいいと思う。

興味あれば、手にとって見てもいいと思う。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ