人工知能が人類を淘汰するなんて心配するより大事なこと

Facebookで何気なくつぶやいたstoryが100近い、いいねをもらった。
そんなに反応いただくとは思ってなくてびっくりした。

アマゾンのアレクサ、“地球のために人間は死んだほうが良い”と持ち主に「自殺」を促す

exciteニュース

一日ずっと委員会

blackmachinex / Pixabay

毎月恒例の1日カリキュラム委員会で拘束日だった。

  • 10:00-12:00 ウェブ解析士マスター講座分科会
  • 12:00-13:00 トリプルメディア委員会
  • 14:00-16:00 上級ウェブ解析士講座分科会
  • 16:00-18:00 エキスパート講座分科会
  • 18:00-20:00 ウェブ解析士分科会
投稿日:
カテゴリー: about work

エキスパート講座とダイアモンドのつるはし

ElasticComputeFarm / Pixabay

昨日は衣袋さんに褒めてもらったし機嫌がいい。

さて本日は朝久しぶりに早く起きれたので家の周りをはしる。気温2度。寒くなったね。その後朝食をとってから出社。

エキスパート講座というウェブ解析士協会で専門的なことを学べる講座を立ち上げることで色々困難に直面している。

Matomoについて書き直してみた

TheDigitalArtist / Pixabay

Matomoの紹介文書いたら衣袋さんに怒られたから見直す。こうやって怒られるなんて素敵なことだと思うよ。健全な産業であるということだね。

でも最近ブログも書く数が減ってるから文章力が落ちてるかもしれない。

投稿日:
カテゴリー: about work

褒めても言い方で傷つけることがある

mcmurryjulie / Pixabay

札幌のウェブ解析士マスター講座を終えた。朝夢まで見て、なんだか仕事の話を夢の中でしてたのを朝起きても覚えてた。人から見たらつまらない人間と思うかもね。

朝会社に行き、会員データーの吟味。ここ1週間は会員データーの精査が一つの重要な仕事になってる。

それがSQLを学ぶ機会になるとは思わなかった。簡単な構文はうっすら知ってたが複雑なデータベースの抽出まですることはなかった。データを扱うならSQLは必須だとは思う。やはり定義が厳格だから。でも定義が厳格だから適当にしたくなある。そんな中でこの歳で学べることは貴重かもしれない。仕事を作業にしたらつまらないからね。

格闘してたらお昼になり、慌ててて会場に向かう。インバウンドベンチャー協議会が社団法人になるお祝いの場だった。代表も会長もファウンダーも理事も知ってる方だったので、ぜひご挨拶をしたと思ったが、皆様スーツ姿で場違いも甚だしかった。でも、素晴らしい海外に視点をもった起業家があつまっているので良い場にいることができた。

そのあとで元インターンで働いてた人とその同僚と会食。会社や仕事やビジョンなんて話をしてた。すごい褒められて、申し訳ないやら、恥ずかしいやら。対してうまく行ってもいないし、何も上手でもないけど、失敗談や経験を共有した。

帰っておでん食べてたら、末っ子が来て「君はもっと運動上手だとおもうよ」って言ってら、怒ってるようにみえたらしく泣かれた。かばったが、褒めてるつもりだったので、言い方に注意だな。これって仕事でも問題になってるかもしれないね。