日帰り帰省の墓参りでずっと思ってた疑問

なんか正月早々にこんな記事書いてしまった。ふさわしくない話題な気もするけど書いちゃったんで(笑)、時期ずらしてアップ。

日帰りで福島県いわき市の実家に家族と帰省した。両親と会い、お墓参りと氏神さまの初詣をしてきた。

江尻家は、とても変わったお墓で、3つの家が1つの土地にお墓を立てていて、墓石はそれぞれの家であるのだが、それとは別に土の上に、木の墓標が地面に20本ぐらい刺さってる。
卒塔婆みたいなものだがあれは墓石の裏とかにあるはず。江尻家のはその目の前に土の山を作り、そこに柱みたいな墓標を刺している。
イメージとしては江戸時代のお墓って感じだ。