解析新書 Table Anatomy

SPIを白紙で100%通過する方法

面接は履歴書でコントロールできる、それがわかった私にとって就職活動はハッキングにちかい感じになった。どうすれば違う軸で評価されるようになるだろう。

そこで面倒なものがあったSPIだ

私としては学校で単位取るのにヒーヒー言ってるのでSPIの勉強なんてまっぴらごめんだ。今言ったらウェブ解析士の受験生に怒られてしまうがテストなんて受けたくなかった

私の入った統計のゼミはあんまり統計らしいことをしなかったが、なんだか毎年論文を書かされた。それで2年3年4年と毎年論文を書いていた。

2年生は地方活性化
3年生は中小企業のマルチメディア(古)活用
4年生はホワイトカラーの効率化だった

次に作ったのは、ゼミの論文の要約文だ。SPI試験を課す会社のためにコピーして準備しておいた。そして試験が始まるとその論文の要約を差し込んでSPIは白紙で終わらせておいた。

それはこんな文章だ。

「私はSPI向けの勉強は一切していません。4年間ゼミの研究に没頭していました。なのでレジメを置いていきますのでご興味あればご連絡ください。」

と書いてPHSとメールアドレスの連絡先を置いていった。いま考えると超絶ムカつく学生だ(笑)

今通用するか、当時カウント間違いがあったかもしれないがこれで100%通った。ふるい落としにくかったんじゃないかと思う。

ただし、1回だけ生命保険会社の子会社のシステム会社では、呼び出されて公園だかで大学の先輩に説教された(笑)。お前なめてんだろうと。

でも知育テストもSPIも実際馬鹿げてると思ったし、それで落ちたら行きたくもなかったし、いや馬鹿なんでレポートで伝えようと思いましたぐらいのこと伝えた。そこは1次は通ったけど2次で落ちた。

言いたいことは、大人のレールで評価される必要なんてないってことだ。あなたはあなたの良さを伝えることを考えれば良い

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください