48歳になった自分が24歳の自分へ

48歳になった。みなさまお誕生日のお祝いメッセージありがとうございます。

年齢を半分にすると24歳。

24歳の自分に対して、48歳になると思うことを伝えておけば、いま20代の人の役に立つかも知れないとふと思ったので書いてみる。

【フィクション】2月2日節分と知って豆を撒いたらゴミを撒いたと怒られた話

Photo by Polina Tankilevitch on Pexels.com

1.
最近おばあちゃんの具合が良くないみたい。お母さんから聞いていた。
豆まきで悪い鬼をやっつけて、おばあちゃんも元気にあればいいな。

2.
リビングにお父さんが降りてきた。だいたい夕方この時刻になると仕事が終わるとお茶を入れに来る。最近買ったメガネをかけていた。部屋に積んであった豆を見て、
「そうか明日節分かぁ。」
と独り言とも宣言ともとれないことをつぶやいた。

「今日よ。」

お母さんが反応した。そう2月2日が今年の節分だとは聞いていたけどお父さんは知らなかったみたい。

そして節分の大騒ぎが始まった。

2021年2月限定:初対面orほぼ初対面の方限定でコーチングを無料でします

Photo by cottonbro on Pexels.com
person in black pants and black shoes sitting on brown wooden chair
Photo by cottonbro on Pexels.com

2021年2月に限り、私によるコーチングを無料でします。無事卒業したら1時間2万円〜でコーチをするつもりなので、今月限りのお得なお話です。人数は若干名。久しく会ってない方も初対面となります。

去年末からコーチングのトレーニングを受けています。もうすぐ卒業にあたり、知人ではない人へのコーチをして(コーチとして)十分な成果をあげることが求められています。だから手抜きなしです(笑)。

シンガポールで就業ビザ取得に2回失敗した体験談

Photo by mentatdgt on Pexels.com

ということで、シンガポール在住のコンシェルジュのアドバイスを参考にしつつ、ウェブ解析士協会の海外法人WACA Pte.Ltd.は立ち上がった。

コンシェルジュのアドバイスでは、資本金はいくらでもいいということだったので、資本金は1ドルにした。

当然資本金を積み増すこともできたが、それは理事解決議もいるし、資本割合もあるのでまず1ドルで後で増資しようとぐらいで考えていた。

定款は日本で商取引上ほとんど問題になることがなかった。日本の場合公正役場で確認して公序良俗に反していない限り、大きな問題にはならない(定款にない仕事をしたから外的に法律違反ということもない)。そこで大きな問題だと捉えていなかった。

定款はどれでも好きに選んでいいというアドバイスだったので、この会社の場合定款つまりActivityは

85502 EXAMINATION AND ACCREDITATION AGENCIES FOR EDUCATION SERVICES

を選んだ。

このアドバイスを参考にしたのは失敗だった。これから就業ビザをとるためにシンガポールで現地法人を設立するなら、この2つはよく検討したほうがいい。

就業ビザをとるときのシンガポールでの現地法人の立て方

caution wet floor sign at a stairway

以前の続き。

しかしSBTの海外での展開がほとんど志望している一人の担当者が行っていて、彼は自分のプロジェクト立ち上げで時間もなかった。自力でそれほど吟味が十分ではない中で、シンガポールでの法人設立の準備を始めた。

シンガポールでは役員(ディレクター)と秘書(セクレタリー)がまず必要だ。

役員は日本と同様取締役であり、1人はシンガポールに居住している必要がある。シンガポール人でも、永住権を持ってる人でもいいし、就業ビザを持っている人でもいいらしい(ここは未確認)。私達の場合、役員は当時講師をしたいと言っていたシンガポール人が協力してくれることになっていた。

患者は弱者で、守るべき人だよね。

Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

2020年、去年の春は花見もなく、全国民が自宅に待機していた。最初のロックダウンで顧客は外食をまったくしなくなり、飲食店はピンチになり、テイクアウトやデリバリーサービスで生き残りをかけていた。子供も大人も在宅を余儀なくされていた。

アフィニティロスとコーザル・アプローチ

Photo by RF._.studio on Pexels.com

エフェクチュアル・アントレプレナーシップを先日のFlashセミナーで学んでから読み直している。
いままでのスタートアップや起業についての理論は机上の理論が多かった。あるいは成功したスタートアップを成功したあとで定義し直したり。

あとで決断力とか先見性というのは簡単だが、同じような理由で失敗も成功もある。そんなアントレプレナーの臨場感にそった理論は少なかった。

やっとスタートアップが使える理論ができてきたとZero to Oneを読んだときに思った。その要約を見て「これだよこれ!」って全部書き写したのを覚えている。

起業を考えてる人はこの2冊はみんな読むといい。

と言いつつもななめ読みなので、勉強兼ねてメモしておく。

カリキュラムの1月最初の委員会だった

Photo by Katerina Holmes on Pexels.com

今日は月に1度の第三水曜日、1日中委員会やら会議やらで全くうごけない日。でもまあ、月に1回この日1日だけなのでなんとかなる。

1月なので全体の方向性の話をしていた。

力になりたくてもなれない日曜日

Photo by Maria Orlova on Pexels.com

日曜には、仙台から、地元いわきに向かった。最近やっと開通した常磐線で向かった。本当は前日にいわきに入りたかったが、夕方7時以降だと郡山経由で入るしかなく公共交通機関を使うと、朝5時になるということでレンタカーを乗り捨てで借りるつもりだった。しかし、寒波が来ていて、雪の心配もあり大事を取って日曜朝向かうことにした。

朝10時13分発のひたちは、コロナの影響下、他と同様空いていた。途中で単線運行のため停車した。まだ震災の被害は完全には回復していない。

湯本についた。今日は告別式に参加するためだった。

コーチングを受ける前読む、使用上のご注意

Make your own path. Motivational quote to create future on nature background.

わたしがコーチングを行うにあたり、限られた時間でコーチを受ける人(以下クライアント)に最大のメリットを提供するために、以下のことを事前に伝えておきたい