病気と検閲

いつも聞いているPodcastでアプリを提供してて、不具合があった。そこでダウンロードし直したり、修正しなければいけないという。

その原因について、定かではないのだが例の病気が原因だというのだ。

つまりコロナウイルスのことなのだ。どうもアプリの中で(英語と日本語で記事を紹介する極めて健全な番組である)、コロナウイルスの話が当然ながら取り上げられていたのだが、それが原因でApp Storeで不適切ということで取り下げられたかもしれないということなのだ。繰り返すがその段階での記事で間違った情報かもしれないが、まさか、でもそれあるかも、と思ってしまった。

ここは私のブログだからどんな事書いても消えないが、Facebookなどでコロナについて穏当ではない発言をすると消されてしまうと友達も画像を投稿しながら教えてくれた。

検閲や情報統制に近いことが間違いなく行われていた。テレビでもメディアでも、明らかに過度な自粛を促すような話が多かった。そのたびに誰もが窮屈な生活を強いられた。

でもこれが全く酷いとも言い切れなくて、いまそれほど患者が増えていないのはこのおかげだっていう考え方もある。

私はファクトはファクトとして数字などは誤解されないようにつたえ、数字のあとで、気をつける点などを伝えるようにするのが適切だと思う。

検閲したって病気は予防できないと思うのだが。どうなんだろうか?

作成者: ejtter

Born in Fukushima, working as web analytics consultant since 2000.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください