灰色のサイが暴れるとき

知人が「コロナショックって灰色のサイっていう人がいるよね」と話してくれた。ブラックスワンがしってたけど、灰色のサイってなんのこと?と思ったので共有。

灰色のサイ(グレー・リノ)とは、マーケットにおいて高い確率で大きな問題を引き起こすと考えられるにも関わらず、軽視されてしまいがちな材料を指します。 草原に生息するサイは体が大きくて反応も遅く、普段はおとなしいのですが、一旦暴走し始めると誰も手を付けられなくなり、爆発的な破壊力を持つことから、比喩として用いられています。
灰色のサイ 初めてでもわかりやすい用語集 SMBC日興証券

灰色のサイ。まさにソレだと思った。

日本において地震、噴火なども灰色のサイだ。にもかかわらず海外の東南アジアに行くと、その建物の構造や雰囲気から日本は気にしすぎなのかなと思ったが、ブラックスワンならともかく、グレイリノ(灰色のサイ)は意識しないのはおかしいだろう。

灰色のサイ。そう考えると、もう起きると言われる問題はもっとたくさんある。Gray rhinoはもっと周りにある。

2020年は危険探知回避能力が重要な10年かもしれないね。

作成者: ejtter

Born in Fukushima, working as web analytics consultant since 2000.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください