18 1月

深く潜った世界の見え方を知らないと分からないことはある

リスクと期待値は実務に合わせて

テキストとか講座では「期待値やリスクをいれるように」とありますが、実務ではケースバイケース。

社内のウェブ担当者であれば、良い提案と受け取られる可能性もあるけど、広告代理店とクライアントの関係だとその数値を「必ず達成する約束」のように取られかねないから。そういう誤解をまねく危険があればもちろん公開しないほうがいい。

それに実務においてはウェブ解析士のテキストで伝えているような要求がないことも多い。それならクライアントの要望にあわせてもっと手軽なレポートをつくってもいい。

しかし一度期待値やリスクも入れた、事業の成果につなげるための深いレポートをつくってみることは大事。

深く潜った世界の見え方を知らないと分からないことはある

一度深いレポートをつくってしまえば、あとはどれだけ軽いレポートを作るのはカンタンになる。でも逆に手軽なレポートをどんなにつくっても深いレポートは上手にならない。事業の成果につなげるレポートを1度つくってみよう。

あっさりしたレポートをつくってても、私達は価値を生むことはできない。事業に踏み込んで、リスクやチャンスを感じて、伴走するつもりになって、やっと価値が生まれる。そのときリスクも期待値もないなら伴走ではないだろう。

レポートの工数だけ見てあっさり終わらせることだけ考えるなら、それは貴方のする仕事ではない。そして自分の限界を知っているのか?レポートなかで何をチャレンジしているのだろうか?息を止めて行けるところまで行ってみることをくり返すことでしか自分の成長と限界はわからない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ