働き方改革でなぜ息苦しくなるのか?

つとめてる方と飲んでいると「はたらきかた改革で早く仕事を終わらせなければいけないのです」「仕事時間も制限されてほんと息苦しいのです」と聞くことが多い。

多分本音で、「自由に仕事できた権利が奪われている」と嘆いている。
本来おかしな話だ。

だって、働き方改革は無理がない働き方をしよう、という運動ではないのか。
それがなぜ窮屈になるのだろうか。

Continue reading “働き方改革でなぜ息苦しくなるのか?”

あなたの真実が、あなたの世界を矯正する。

地球は平らだ

と思う人が増えてるらしい。
実際、通信が発展してフラットな世界になってるが、そうじゃなく丸い地球ということを否定している人が増えているらしいのだ。地球は丸いというのは政府とNASAの陰謀で、天体は地球のまわりを回ってるのに隠そうとしている、と信じていいるのだ。

Continue reading “あなたの真実が、あなたの世界を矯正する。”

特別なことをたくさん重ねたいな

社員との歓送迎会が終わり、家に向かう。もう夜も遅いので誰も起きていない

、と思ったら、息子が起きてきて長女を起こす。
もう眠いと娘は起きなかったが、何か息子としては長女が話したほうがいいと思ったことがあったのだろう。

Continue reading “特別なことをたくさん重ねたいな”

常任委員への誤解

ウェブ解析士協会には常任委員という制度がある。私は委員会、常任委員とは幸あるべきという基準はあったが、以下のようなちょっと誤解があるようだ。

常任委員の件は、本年度からマスター更新条件にも影響し場合によっては死活問題の方もいらっしゃるかもしれません。もっと公平でオープンな説明と運営をして頂きたいです。

補足するとウェブ解析士マスターの資格維持条件は今年からオリジナルの講座の資料共有と、カリキュラムレポートというカリキュラムに関する改善提案を提出することとなった。自身オリジナルの講座がつくれて、カリキュラムについて意見を出せることがマスターの維持条件となった。

常任委員も委員長も、過去から貢献した人への制度であり、原則今からなることはない。ただ委員長や分科会長が「期待をこめて」任命することは可能で、それは例外である。そもそも更新条件クリアーが理由で常任委員に任命されることはない。

Continue reading “常任委員への誤解”

世界の化粧品市場のトレンドを大まかに把握しようとしてみた

Google トレンド

ある単語について、期間や地域別に、検索数(人気度)のトレンドをグラフで見ることができるツール。複数の言葉で相対的な比較ができるけど、絶対的な比較はできない。伸びている業界なのか、需要期、閑散期などの季節性はあるのかなどを確認するためにつかう。

では、cosmetic とmakeupで調べてみるどっちのニーズが高いのだろうか?

Continue reading “世界の化粧品市場のトレンドを大まかに把握しようとしてみた”

Matomoでデフォルトの5つのカスタム変数をさらに増やすにはどうすればいいか?

Matomoではカスタム変数をディフォルトで5つ設定できる。5つ。Googleアナリティクスはカスタムディメンションで20、Adobe Analyticsでは200。5つはあまりにも少ない。

Continue reading “Matomoでデフォルトの5つのカスタム変数をさらに増やすにはどうすればいいか?”

同じ目線で話したい

師匠も弟子もないよ

関係者にはわたしに「様」をつけるのは、できるだけお願いしてやめてもらっている。相手を尊重している言葉だが、距離を縮めるより遠ざける効果がある。プロジェクトを一緒にするときに、距離を遠ざけるメリットはない。だからこれは明確。

明確じゃない言葉として、

Continue reading “同じ目線で話したい”

ポジショントークしなくてすむ場が必要だ

ふと15年ぐらい前のことを思い出した。

2005年ごろだっただったろうか。web2.0という言葉が使われはじめたころだ。アルファブロガーが集まるディスカッションに参加させてもらう機会があった。

テーマはアップル。
スケルトンボディーのiMacをリリースしたあと、iPodやiTunesを展開しはじめた頃だった。

Continue reading “ポジショントークしなくてすむ場が必要だ”