解析新書 Table Anatomy

Matomoカスタムディメンションとカスタム変数の違い

カスタムディメンションカスタム変数に似ていますが、いくつかの利点がある。

  • 各ディメンションには、「Visitors」または「Behavior」の下に独自のメニュー項目があり、優れた利用者のためのレポートになっている
  • 単一のカスタムディメンションレポートをウィジェット化できますが、カスタム変数は、すべてのカスタム変数をまとめたレポートしかウィジェット化することしかできない
  • カスタムディメンションでは、「Action」(ユニークアクション、退出率、直帰率、ディメンションの平均時間、平均生成時間)がつかえる。またカスタムディメンションは「Segmented Visitor Log」、 「Overlay」 、および「Transitions」などのもっと多くの表示画面でセグメントなどに使える
  • カスタムディメンションなら、セグメント時にユーザーインターフェースにカスタムディメンションの名前でセグメントできるので、容易にセグメントできる
  • カスタムディメンションは、必要なストレージが少なく、レポートをより速く生成できるため、より効率的
  • カスタムディメンションではカスタムディメンションIDと値のみをトラッカーで設定すればいいためトラッキングが簡単です。一方カスタム変数の場合、トラッキング中にネーム、スコープ、インデックス、および値を設定する必要がある
  • スコープ「Action」でのカスタムディメンションの値は、追跡されたURLまたはページタイトルから値を抽出することにより、自動的に追跡できる
  • カスタムディメンションのネームはいつでも変更できる
  • カスタムディメンションの値の制限は255文字ですが、カスタム変数は200文字に制限されている

ただし、カスタムディメンションにも制限もあって、カスタム変数とは異なり、多くの異なるネームやユースケースに同じスロット/インデックスを使用することはできない。カスタム変数とカスタムディメンションの両方について、スコープアクションの5スロットとスコープビジットの5スロットを使用できますが、カスタムディメンションの特定のスロットを他の何かに使用することはできない(設定変更していない場合)。新しくカスタムディメンションを作成したら、非アクティブ化することしかできなくなる。つまり、ディメンションを削除して新しいディメンションを作成することはできないということ。

ただし、(でた!w)無料使用可能なカスタムディメンションスロットがなくなった場合は、いつでもスロットを追加で作ることができる。ただしデータベースでスキーマを変更する必要があるため、これには少し時間がかかる場合があるね。

一般にいえば、利用者はカスタムディメンションを使用することをお勧めします。なぜならある時点でカスタム変数を廃止する予定だから。Matomo(Piwik)3.0では、デフォルトでカスタムディメンションがインストールされるでしょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ