ウェブ解析プラス講座9月受講希望者の声

Concept image of data gathering and statistical working.

ウェブ解析プラスは、2020年9月1日からスタートする月額19000円で人気のウェブ解析士のカリキュラムとGoogleアナリティクスを学べるオンライン講座。

雇用調整助成金の加算金にも対応、雇用主は実質費用負担なく差額を受け取ることができる。

こんな人におすすめ。

  • ウェブやインターネット初心者でも無理なく学びたい
  • パソコンをつかわずスマホで学びたい
  • 講師によるライブ授業でいろいろ質問や事例を聞きたい
  • 知識だけではない実務で使える実践的スキルを身に着けたい
  • 受講生同士で交流ができる講座がいい
  • 受講したら資格をもって実力を証明したい

今回は、アンケートで頂いた評判を伝える。

雇用調整助成金は事業主が労働者に対して一時的に休業、教育訓練又は出向(以下、「休業等」といいます。)を行い、労働者の雇用を維持した場合に、休業手当、賃金等の一部を助成するもの。

すでに何社も助成金を所得した実績がある。

アンケートの回答と返答

「普段使っているウェブについて知識を持つことでより安全に面白く使えるようになるため。」

マーケティングだけではなく、セキュリティやプライバシーもテキストに含まれているのでそこが学びになったということだね。

一からウェブ系の知識を受けられる。 これからどのような人にも必要なコンサルティングの知識を受けられる。

コンサルティングの手法や知識も含まれていますね。さすが。

解くだけ、読むだけでなく、考える場面が多く、やりがいがありました。回答を作るにあたって、わからない個所はテキストで調べる機会を持つことができるので、入念にテキストを読み込むことができますし、単純に問題を解くだけでなく、しっかり考える基礎が作れます。(きちんと回答すれば、ですが・・・)

テキストただ読むんじゃつらいよね。講座で問題解きながら、なら読む理由もでてくるってもの。わかるわかる。

テストが豊富で力がつくので進めたい。 その他の感想としては、 使い方がわからないところがあって迷った。 テキストのサイズが大きくて電車で読むのが大変だった。

テキスト、女性には大きいのも事実。講座ではPDFつかえるのでテキスト無くても学べるけど、試験対策で紙のテキストあったほうがいいだろうと思う

ビジネスにおいて必要かつ有用な情報を沢山学べるため。 ただ、内容が難しいということもあるため、全く興味がない方には魅力的に感じられないかもしれない。

内容はカンタンではないし、業界経験者ではない人ターゲットにしてるけど、そこは感じられなかったかも。まだまだ改良が必要だね。

ウェブ解析プラス受けた後のステップ

これからはあらゆる業種でデジタルマーケティングスキルが必要となっています。

この講座を受けた後、資格試験にチャレンジするのもいいでしょう。

ウェブ解析士の資格試験を受ければ16000円。

この差益で受験して資格取得を目指すのもおすすめです。

またGAIQというGoogleアナリティクスの認定試験(無料)にチャレンジすることもできます。

ウェブ解析士は2020年8月までに38000人が受験、10000人が有資格者の世界最大のウェブ解析コミュニティです。

現在60社の法人会員が推奨資格としています。

仲間とのさらなる勉強会やお仕事の相談が待っています。

お申し込みは以下のウェブ解析プラス公式ウェブサイトから。

投稿日:
カテゴリー: thinking

作成者: ejtter

Born in Fukushima, working as web analytics consultant since 2000.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください