“smile” play studio one vintage Steely&clevie

事務局で仕事用の音楽リストを共有しようと言う話があがって、事務局長から江尻さんレゲエのプレイリストおねがいしますなんて要望があがった。

嬉しいけど、僕はDJもしてたし(笑)ちょっと選曲を日頃考えるようになってしまった。いままで久しく音楽から遠ざかったのに。

そして遠ざかりすぎてた自分がやっと目当ての音楽を見つけた苦労を紹介したい(苦笑)

私はオールディーズとかロックステディとか呼ばれるような、時化た、古いレゲエというかロックステディとかスカが好きなんでその辺りをリストにしてた。

そして、懐かしいトラックが一緒な音楽を探し始めた。トラックとはざっくりいうと伴奏で、トラックが同じでいろんなアーティストが歌ってるのがレゲエの面白いところだ。

Hallo mama africaを見つけたら火がついた。この同じトラックのあの曲をいれたい!
あれあれ!同じトラックでジャマイカンクラシックなやつ!

最初ベレスハモンドの楽曲を探したが空振り。全然ない。

ジャマイカンクラシックジャマイカンクラシック・・・・と探すが、出てくるのはお目当ての音楽ではなく。古いレゲエばかり出てくる。

誰なら出てくるのだろう・・・あの頃だとスティクリスラロビがやってたよな、って調べ始めた。なんかスティクリ、かっこいいけどミーハー感じが嫌いなんだよなーなんていとこと話してて、絶対ないとおもったら・・・

探してる曲はDawn PannのNoNoNoと一緒だったのを突然思い出す。嫌いだったはずのスティクリのPlay Stadio One Vintage というアルバムでした。スティービーアンドクリービーさんすいませんすいません。

さて、わたしが探し求めてた曲はこれ。

smile

このアルバム出てから数年後にDawn PannのNo No Noがヒットしてメジャーデビューした。このアルバムのアーティストの殆どがもう忘れ去られててこの機会に再度録音したものだ。それで何十年も前のアーティストが再評価される、これも素敵なことだよね。

結婚式の曲として弟は最高だと言ってくれたが、ほんとかな(笑)
歌詞も雰囲気も悪くないと思うな。1番なら。

投稿日:
カテゴリー: thinking

作成者: ejtter

Born in Fukushima, working as web analytics consultant since 2000.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください