倉敷営業所で新卒最初に行った最低の営業方法

こうして日本ゼオンに新卒として入社することになった。ちょうど入社の時岡山県倉敷市の工場が爆発した年だった。入社後その倉敷工場で3交代勤務となった、どの新入社員も必ず経験する現場研修だ。倉敷の工場は塩ビのプラントで、そこでQCやPDCAの考え方を学ぶことになる。

そして3ヶ月後の研修終了間際に人事部の面接があった、福島東京しか知らない私にとって、東京勤務であることが、この会社全体を知るのに人脈を作る上でも言い立とうと思っていた。そのことを熱心にアピールした。

たぶんこれは100%無駄だったんだろうとおもう(笑)。サラリーマンを3ヶ月やってるうちに何となくそう思ったが、私は地方中小企業を活性化する、と伝えているのだ。専務の合意も取り付けるのだ。答えは決まってた。