28 3月

英語力の道は遠い Adobe Summit Day3

昨日は組織内ミーティングで深夜まで打ち合わせが続いたためか、午前中のセッションへの参加ができなかった。午後2時半のセッションから参加する。

最初はデジタルマーケター向けのパネルディスカッションだった。英語のパネルディスカッションはどれもとてもむずかしい。私は過去何度も何を話してるか分からなかった経験があった。今回は集大成にチャレンジした。

結果・・・殆どやはりわからなかった。前よりマシだが40点かな。
ヒアリング能力が決定的に足りない。

  • いろんな出身、喋り方、トーンでもヒアリングできる聞き取り能力。何より速い。どんな教材や先生よりも速い。
  • 簡単な単語の組み合わせだが意味がある言葉の理解。そんなむずかしい言葉ばかり使わないで、サラッと流すところが良く分からない
  • たまにちょっと難しい単語が理解ができず、しかもそれがないとわからないセンテンスが多いため、わからないまますぎる

ヒアリングできない+簡単なこと場わからない+少し高度だと単語がわからない
だと分からなくて当然で・・・。個人的にはとても残念。

これを改善するには英語を聞きながすのではなく、ネイティブ向けの英語をちゃんと聞いて、答える訓練を繰り返して、しかもその時間を伸ばす必要があるのだろうな。MBAではそういう訓練をしてるのだろうけど。

その後、Data Scientistのセミナーに参加。でも本とそのとおりで、顧客行動を最適化や予測に使おうとするなら、汎用的なロジックや手法なんてなくてそれぞれ事業ごと、サービスごとになる。不可能ではないけど。時間もかかるし手間もかかるからそれが合うかどうか検討が必要だろう、と思う。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ