解析新書 Table Anatomy

あんこう鍋が大不評だった

正月家族でいわきに帰省したときに、そういや私の作るあんこう鍋は食べたことがないということになり、あんこう鍋をつくることにした。

ララミュで、あんこうを購入する。追加のあん肝も。あん肝の量に美味しさは比例するからだ。

売っているあんこうは、もう、脊椎動物とは思えない物体は四角い箱に入ったあんこうを車で持って帰った。

私は今回あんこう鍋はどぶ汁にすることした。
とても食事とは思えない名前だが、いわきで食べるあんこう鍋の中でもっとも美味しい食べ方だと思う。あれは所詮あん肝と味噌の味で食べるので、味が濃ければ濃いほどうまい、という単純な料理だ

この鍋、なにより特徴は水を入れないこと。
野菜そしてあんこうそのものの水分を加熱することでひきだす。

ということで、作ったのだが結論から言うと、大不評だった(笑)
長男以外全員ほとんどうけつけなかった・・・。むしろ味にうるさい息子は喜んで食べてったのが以外だったのだが・・・

美味しくできた料理が、全然美味しくないと感じるとなると根は深いよね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください