解析新書 Table Anatomy

マーケティングテクノロジストの必要性

ウェブ解析において、タグマネージャーの重要性は高まるばかりです。その中でマーケティングテクノロジーの価値は高まるばかり。

略して「マーテック」などとも呼ばれるこの技術、専門家を「マーケティングテクノロジスト」と呼ぶ。

諸説あるけど、結局マーケティングテクノロジストとは、タグマネージャーやマーケティングオートメーション(MA)などの利用で必要な技術的支援を行う人のこと。

  • ウェブマーケターは集客やコンバージョンに貢献する人
  • ウェブ解析コンサルタントはウェブ解析の結果からマーケティングや事業を支援する人
  • データサイエンティストはデータに高度な数学的処理やビジュアライゼーションを行う人

マーケティングテクノロジストはそれらの間をつなぎ合わせる役割とも言える。

基本的な業務はJavaScriptで必要なソースを設置したり、様々なマーケティングソリューションの設定を行う仕事です。フロントエンドプログラマーのような業務とも言える。フロントエンドプログラマーとの違いはマーケティングソリューションやタグマネを目的通り動かすための仕事である、ということ。

この職種のニーズはとても高まっていて、すべてのマーケティングでマーケティングテクノロジーが関わらない仕事の方が少なくなってきているから。

マーケティングは好きだけど、アイデアを出すのは得意ではないという方には向いている仕事かもしれない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ