解析新書 Table Anatomy

チャレンジがシェアできる環境に居られること

去年後半からほんと新しいスキルを身につけることが増えた。

ゲームをつくろうとしてTyranoBuilderを学び、イラレやフォトショを学び(恥ずかしながら、使ってなかった。私、もっぱら花火つかってたので)、GitやらHerokuやら学んだ。
今動画配信でZoomやらYoutubeやらFinal Cut Proやら使ってる。
講座を開発しようとMoodleともガッツリ取り組んだ。
テキストを書く必要から、Matomoも触りまくった。

他にも細かいものはやまほど。2年前まで全然やらなかった。多分トラウマからだ。

昔は受託などで仕事するために新しいスキルを覚えた。やれないとこの仕事は取れない、そんなときにチャレンジしていたことが大半だった。

だから何度も失敗して、自分でやっちゃだめだ、信頼する人を見つけてまかせなきゃだめだ、ということは学んだ。15年ぐらい前かな。

それでスキルを覚えることが止まった。FireWorksもDreamWeaverも2から知らない。そして今や全く追いつかないから無理、ということもあった。

でも今は違う、学ぶことが仕事をこなすためではなく、皆様に教えることだ。
だから広く学ぶこと、躓くことが楽しく感じる。それだけ伝えることが増えるからだ。

仕事の技術は役に立つ部下なりにしか教えない。でも私は広く教えればその分広く感謝されて、広く役立つ。それはとってもありがたいこと。

そう思って1日5個か10個のチャレンジをしている。
この環境に居る事に感謝だね。
そしてこの環境の素晴らしさをもっと多くの人に知ってもらいたいな。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください