コーチング用語まとめ

Photo by Ricardo Esquivel on Pexels.com

まず、とんでもないゴールを設定することが自分のマインドの力を大きく発揮する原動力になるということが出発点。コーチが必要かどうか、判断の基準になれば幸いだ。

高いお金と貴重な時間を使うのだから自分ができることに対してコーチをつけても価値がない。自分の意識でできることを超えるゴールを設定し、そのゴール達成に向けてエフィカシーを高めたり臨場感を高める必要がある。そのお手伝いをするために認知科学を使い、脳の仕組みをハックしてクライアントを高めていくのがコーチだ。

コーチングとは、クライアント(コーチを受ける人)自身では難しい、成し遂げたいことを実現するお手伝いが仕事。手伝うといっても、一緒に働くとかではない。もちろん、経験や頭脳を貸すこともあるけど、コーチングでは、クライアントが本来もつ能力を信じ、一緒に実現するためのマインドのちからを最大限に引き出すことがお仕事になる。

空白と数字を翻訳しないGoogleSpreadシートでの翻訳する関数例

Photo by Lukas on Pexels.com

Google translateホント便利だねー。色々便利だけど、Spead SheetでもGoogle Translateが使えるのがすごい。

全部の列に日本語が入ってて、全部英語にするならいいけど、そうじゃないケースもあると思う。そこで私の工夫したことをシェアするね。

最近やってる英単語・イディオム学習法

Photo by Sharon McCutcheon on Pexels.com

40代になったころから英語を勉強してて、相変わらず遅々とした成長だ。
それでも続けてるだけでも意味があるということで、たいして効率がいいわけじゃないけど、最近の英語学習でやってることを書いてみようかと。

単語・イディオムコレクターになった

今年に入ってから始めたことで、ここ1ヶ月ぐらいちゃんとやってることに単語とイディオムの確認をしている。

ウクライナに住んでるお医者さんの卵のナイジェリア人のカナダっぽいという感想

今日の英語の先生はナイジェリアの人だった。自己紹介でナイジェリアに住んでいるお医者さんの卵だった。来年にはお医者様になるんだそうだ。

いまは「ユークレイン」の大学にいる、という。ユークレイン、毎回聞き間違える。日本では「ウクライナ」のことだ。

ってか、なんでYouはウクライナにいるの?

3ヶ月Moodleと毎日向き合ったこと

ついに終わる。上級ウェブ解析士の講座をベースにしたMoodleをつかったオンデマンド講座の開発が今日ほぼ終わった。

  • ウェブ解析+(ウェブ解析士)
  • 上級ウェブ解析+(上級ウェブ解析士)
  • Googleアナリティクス講座

が完全にMoodle化された。

投稿日:
カテゴリー: learning

練馬はウェブ解析発祥の地だ。後編

話しがどっかいってしまった。当時はアクセス刑事の売上は全体収支の微々たるもので、ウェブの構築が仕事の中心だった。

アクセス解析に興味がある人との交流は少しづつ増えていった。

いまは理想的な人材が育つ教材を作ることだけ考えよう

上級をオンデマンド化するための構築をMoodleでここ数日作り込んでる。
色んな仕事がとびこんでくるから、遅々として進まないが、それでも進んでる。

いまやれることをいま柔軟にやり切ろうと思う

久しぶりに呼吸できる週末だ。オフィスに来て今日は缶詰で仕事するつもりだが、こんなことができることも贅沢だと、今年は知ることができた。特にこのGWは最悪だった。突貫で初心者向けにおもいっきりワークを詰め込んで仕事でつかえるようなオンライン講座をつくろうとすることに没頭してた。もうトイレとご飯以外外に出ない、もがき苦しんだ、控えめに言って地獄のGWだった。

そして振り返ると、そんな苦労が最高の思い出深い時間になる。

実務イメージをつけられるオンデマンド講座になった気がする

そして講座は始まった。オンライン講座は初めて。ほとんどはインターネットとは無縁の仕事。若手が多い。そのなかでMoodleは使えるのか?不安しかなかった。